東三河エネルギー研鑽会の日常 

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 意外な歴史
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

山田寺の仏頭

奈良の飛鳥に山田寺というお寺があります。かつてこのお寺の本尊だった仏像が、12世紀の終わりに、興福寺の三代目の本尊として祀られました。しかし、応永18年(1411年)の火災によって、仏像の胴体は焼失してしまい、首から上の頭だけが残されました。残った頭は、新しく作られた本尊の台座の下に収納されたため、長い年月その存在が忘れられた状態になっていましたが、昭和12年(1937年)の東金堂解体修理により発見されたということです。

普段は興福寺に展示されている仏頭ですが、現在、「国宝興福寺仏頭展」が東京藝大の大学美術館にて開催されており、そこでこの仏頭を見ることができると、昨日のBS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介されていました。

今回の展示では、興福寺でも見られないという360度の全方向から仏頭を観賞できて、また仏頭を取り巻く国宝の十二神将像も勢ぞろいしていて、なかなか面白そうな美術展になっているようです。

その姿に深い傷跡を残す“白鳳の貴公子”と呼ばれる謎多き仏頭。この番組ではその点をどんな風に説明するのかな?と思いながら見ていると、「飛鳥の山田寺からお連れして、その後火災にあって仏像が壊れて、そして、その後、昭和になって新しい本尊の台座の下から発見された・・・」と、こんな感じに説明しているだけで、数奇な運命の部分についての突っ込みがイマイチでしたね。まあ、さすがにテレビでは言いにくい点もあるかなとは思いますが…(^_^;)

250px-Buddha_Head_Yamadadera.jpg
<ウィキペディアより>

さて、この仏頭には、数奇な運命に関わる因縁話が潜んでいるといわれています。先頭で簡単に説明したものが一般に言われている内容ですが、では、どんな因縁話があるのでしょうか。

山田寺は、7世紀半ば頃、蘇我入鹿の従兄弟にあたる、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわのまろ)の邸宅のそばに作られた寺院で、石川麻呂の自害後に完成しました。現在は山田寺跡となっており、往時の姿はなくなっていますが、かつては大きな伽藍や塔を持つ、荘厳な寺院だったようです。

やがて、興福寺の末寺となり、藤原氏の私有物となってしまいました。文治3年(1187年)、興福寺の僧兵が山田寺に押し込み、無断で本尊の丈六三尊像を持ち去りました。そして、この持ち去られた仏像が興福寺の本尊となり、その後の興福寺の火事により胴体を焼失し、仏頭だけが残りました。

山田寺創建の発願者の石川麻呂は、蘇我入鹿の従兄弟にあたりますが、大化の改新・乙巳の変(いっしのへん)で、自身も蘇我一族でありながら、蘇我を裏切り、蘇我入鹿の暗殺に加担した・・・、ということを歴史で習った記憶があるかと思います。

入鹿暗殺を目論んでいた中大兄皇子と中臣鎌足は、蘇我宗家の内部の亀裂を利用する目的で、蘇我氏傍系の石川麻呂を引きずり込んだということです。その結束として、石川麻呂の次女の遠智娘(おちのいらつめ)が中大兄皇子の元に嫁ぎました。この娘が持統天皇や大田皇女(おおたのひめみこ)の生母です。

系図001

石川麻呂は、蘇我氏宗家を裏切った褒美として、大化改新政府から右大臣を与えられました。ところが、わずか4年後、異母弟の蘇我日向に、「中大兄皇子を暗殺し、謀反を起こそうとしている」と密告され、妻子らとともに、造営中の山田寺で自害。しかし、この事件は、どうも中大兄皇子や中臣鎌足の陰謀だったようです。

石川麻呂が自害した後、二田塩(ふたつたのしお)という人物が、すでに冷たくなっていた石川麻呂の首を切り、肉を切り裂いた。そして、遠智娘は、夫である中大兄皇子に父を殺されたことを悲しみ、無残な仕打ちをした二田塩の「塩」の名を恨み、発狂して亡くなったといわれています。

発狂して死ぬなんて、よほどのことあったのではないかと思ってしまいますが、そうなんです、この「塩」の名を恨み発狂したという話は、人物の「塩」のことを言っているのではなく、石川麻呂の首を塩漬けの「スシ」状態にしたことを言っているのではないかということが、関裕二氏の「蘇我氏の正体」に書かれていました。

生首を塩漬けにするというのは、百済の方の風習で、それを知っていた中臣鎌足が、中大兄皇子に入れ知恵をし、石川麻呂の首を塩漬けにして戦利品として持ちかえらせたのではないかと。そして、それを見せられた娘の遠智娘は、父の「塩」まみれの変わり果てた姿に恐怖し、発狂したのではないか・・・

その後、山田寺は、石川麻呂の孫にあたる鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ・後の持統天皇)や天武天皇の援助によって造営され、天武14年(685年)3月25日、本尊の丈六仏(丈六三尊像・現在の仏頭)の開眼が行われました。これはちょうど石川麻呂の三十七回忌にあたるので、非業の死を遂げた石川麻呂の追善だったのではないかということです。

「塩漬けのスシ」にされた石川麻呂の生首と、火災にあって仏頭だけが残り、何百年も忘れられたまま塩漬けにされ、現代に蘇ったということが、なにやら因縁めいた話に思えてきますね。

ちなみにですね、この仏頭のお顔は、中日ドラゴンズの田島選手にそっくりです


250px-Buddha_Head_Yamadadera.jpg tajima001.jpg
<写真並べてみました

落合GM、谷繁新監督の元、来年は面白い試合が見れそうかな~


スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ドグオ&こぶめろ

Author:ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。