FC2ブログ

東三河エネルギー研鑽会の探求

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。またブログタイトル変えちゃいました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 隠れ南朝伝説
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

南朝リレーその7 ~小俣京丸から後南朝へのライン~

昔々読んだ小松左京の本の中に、「そういえば南朝の事が出ていたような?」と思い出したドグオ氏は、本棚をさばくってみたところ、すっかり茶色に変色した昭和49年発行のハヤワカ文庫、定価320円を見つけ出しました

komatusakyou001.jpg
「本邦東西朝縁起覚書」 著:小松左京 
現在は絶版です。興味のある方は古本もしくは図書館でお探し下さい。

南北朝の読み物としては、かの有名な「太平記」があり、また吉川英治の「私本太平記」が一般的にはよく読まれていると思います。

NHKの大河ドラマでもかつて真田広之主演で「太平記」をやったことがあるけれど、この時代を取り上げたドラマや映画や小説は、最近では少ないようですね。

信長、秀吉、家康の三英傑が出てくる戦国時代ものと比べて、話がややこしいのと登場人物にあまりにも馴染みがなさ過ぎて、一般大衆には興味がなく、ウケないのでしょうね

戦前は、楠木正成の活躍などは広く国民に知られたものらしいですが(国策でしょうか?)、戦後は一転して、かつての天皇に忠誠を誓った忠臣の話などは、戦争の反省とやらで、無かった事のように扱われているように思います。

さて、SF小説の大家である小松左京が、その数少ない南北朝を題材に扱った作品が「本邦東西朝縁起覚書」であります。

その内容は、「歌書よりも軍書にかなし」とうたわれた吉野・・・、という書き出しで始まるタイムパラドックスのお話です。

・・・やたら詮索好きで、どこへでも首を突っ込んでしまう男三人組が、何か面白いことはないかなと吉野を訪れた。

奈良県橿原市から吉野へ向けてオンボロ車で出発した三人組。吉野町を過ぎ、窪垣内のあたりから東熊野街道へと入り、険しい山道を走らせていると、柏木のあたりで車がオーバーヒートをする。

そこでしばらく小休止をしていると、仲間の一人が、「川上村金剛寺という寺に、河野宮の墓があるぞ」と言うが、他の二人は、「河野さんって誰?」というような、南朝の事は何も知らないというリアクションだった。

すると、「河野宮というのは、後南朝悲劇の皇帝だ。自天王の話を知らないんか?ここから先は、北山村まで後南朝遺跡がたくさんあるぞ」と言って、ここからこの三人はやっかいなことに首を突っ込んでいくことになるのであった。

結局、南朝の三ノ公かくし平にたどり着いた彼らは、そこで何と、本物の南朝の皇子に出会うのだった。

「壺中遊行の術」なる仙人の秘術がある。その術によって、壺に見立てた石棺の中に、その身を封じ込められた南朝の皇子とその家来。南朝をお助けするために役行者によってかけられた術であったが、約500年ぶりに、この詮索好きの三人の男によって、なぜか封印が解かれてしまったのだ。

復活した皇子は自天王といい、「我こそは、正統の天皇なり。」と宣言すると、現代まで脈々と南朝再建の意志を守り続けていた民衆が、自天王の元に集まり、なんと、現代の政府と政権を争って対戦することになってしまう。

「北朝は約束を破り、またまことの神璽はこちらにあり、皇統の正統性は我々にある。」
「偽王朝である北朝を倒し、皇統を正統にかえすためだ」と自天王はいう。

自天王軍と自衛隊の一大決戦が関ヶ原において行われ、やがて、日本は木曽~九頭竜ラインを境にして、東西に政府が分かれる、東西朝時代となってしまう・・・。


あらすじはこんなところです。タイトルの「本邦東西朝縁起覚書」というのは、こういったことによるのですね

自天王というのは、南朝再建のための抵抗勢力といわれる後南朝の最後の天皇といわれる人物で、小倉宮(父・後亀山天皇)の皇子とか後亀山天皇の弟の子とか長慶天皇の孫とか言われていますが、詳細は不明。自天王の弟宮が河野宮です。

この小松左京の小説には、役行者が出てきたり、源義経や天狗が出てきたりして、かなり荒唐無稽な話ではありますが、意外とリアルな部分もあって、戦後の自称天皇というのは、こんな感じなのかもしれないとも思ってしまいます。

小説の中に後南朝の遺跡がたくさん紹介されていて、自天王の御所が、奈良県上北山村小橡の「瀧山寺」にあり(すぐ近くに北山宮)、弟宮の御所は、奈良県川上村に「河野御所」として設けられたと書かれています。

さて、この話を元にして、南朝の隠れ御所と伝えられている静岡県春野町の小俣京丸と、奈良県上北山村の瀧山寺をラインで結んでみようかなと思って、とりあえずそのポイントを直線で結んでみると・・・、あら、まあ、なんと、そのラインは夏至の日出と冬至の日没の角度、レイラインで結ばれてしまったのでした

これは、面白いと思い、小俣京丸を中心にして、反対側には何かあるのかな?と線を伸ばしてみると、山梨県の富士山の北麓方面に行くではないですか。

ひょっとして、南朝の隠れ大本営といわれる「富士谷」はこの辺りかと思って調べてみると、富士吉田市大明見辺りで発見された宮下文書(富士古文書)が保管されていたという「阿祖山太神宮」がライン上に乗っかってきました。

で、さらにその周辺を探ってみると、三浦氏の唱える「松良親王生誕地 富士の皇居」といわれる都留市法能も近くにあります。

都留市に関しては、宗良親王も「名にたてる鶴のこほりの民なれば千世のみつぎもたえせさりけり」と、貢物を欠かさぬ都留郡民を歌に詠んでいるので、ここに親王の足跡をうかがうことができます。

ライン上に現れる田貫湖は、後醍醐天皇の本殿があったという伝承があるようです。実は、後醍醐天皇は吉野ではなく、富士に密かに入られておったとか。また、尹良親王が滞在されていたという伝承も残っている場所です。

図にしてみると、こんな感じです。

レイラインblue小俣京丸002
<小俣京丸を中心としたレイライン

図には、南朝に関すると思われる豊橋市、豊川市のローカルな地名も記してあります。一応、当ブログは三河南朝を中心に追っかけておりますゆえに・・・(^_^;)

そして、この図を眺めてみると、水色で示された帯状のラインが、不思議なことに後南朝の歴史の時系列とも一致してくるように思います。

先ほども少し出ました後醍醐天皇の富士谷の大本営の伝承について今回は置いておくことにして、この水色のラインの歴史をみていくことにします。

①天授5年(1379年)、北朝からの襲撃により三河南朝御所・王田殿が崩壊する。長慶天皇らはそこを脱出、富士谷へと逃げる。

元中9年(1392年)、南北朝合体。南朝と北朝は表向き講和する。南朝方には不利な条件が提示されたが、やむなく受け入れた。足利義満と講和した後亀山天皇とは別に、主戦派である長慶院たちは山梨県富士谷の隠れ大本営で南朝の正統の皇統を密かに守り続ける。

②しかし、その後、富士谷も足利方に攻撃され落城。長慶院の皇子である松良親王は皇女綾姫らとともに遠州京丸へと身を隠した。しばし、この地で時の移るのを待ち、折をみて山麓の春野町の気多に下り、そこから浜松の都田へ入ったが、ここも長居が出来ず、浜松市入野を頼ったが、今川氏の勢力が伸びて、奥三河や信州方面の各地へと潜伏していった(藤原石山氏の資料による)。

③応永31年(1424年)、信州浪合にて、南朝皇子が土俗に襲われたたいう浪合遭難があり、浪合で自害された尹良親王(ゆきながしんおう)を春野の高塚山に弔い、そこを守るために、京丸の地で、藤原家の方々が代々暮らしたところが小俣京丸です。
*浪合遭難には、応永3年と31年と永享7年と諸説が伝えられていますが、ここでは応永31年説を取らせていただきました。

④南北講和を受け入れた後亀山院の流れをくむ小倉宮も、その後、約束を違えた北朝に対して抵抗をはじめ、嘉吉3年(1443年)に、南朝与党らが突如御所に乱入し、神璽と宝剣を奪いとり、叡山に立てこもった。

その後も、南朝の血統を引く宮方の挙兵は、奥吉野の山中に続々と続いた。

⑤長録元年(1457年)に、赤松家の残党により自天王と弟の河野宮が殺害され、首級と神璽を奪って逃げた。これにより、後南朝も終焉を迎え、建武3年(1336年)に後醍醐天皇が吉野に転居し朝廷が分裂してから約120年もの長くにわたる南北朝の争乱は、歴史の中から消えていったのでした。


このように見てみると、後南朝の歴史の一連の流れが、この図の中で、日出から日没になぞらえられてしまいました。

歴史の中からも消えていってしまったというように、まるで栄枯盛衰の没落の図のような、一見残念な感じにもみえます。しかし、冬至の日没は、最も太陽のパワーが弱くなる時期ではあるけれども、ここを境に太陽はまたパワーを増していくということで、南朝再生への祈りがここに込められているようにも思えてきます

呪術的な理由でこのように移動していったのでしょうか?いやいや単なる偶然か。それとも、時空の仕掛けた壮大なシナリオなのでしょうか・・・

もしかしたら、南朝の御魂は、次なる再生へとパワーを蓄え、着々と準備しているのかもしれません。そして、小説にもあったように、どこぞの壺から、南朝の親王、内親王、ご家来衆が、「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん」なんて、まるでハクション大魔王のように出てくるのかも?なんてね

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

  1. 2012.11.03 (土) 21:58
  2. URL
  3. かわいい花ちゃん
  4. [ edit ]

NoTitle

とても分かりやすく、なおかつ不思議な直線ですね。
元々は都田をはじめとする遠州地方が伊勢神宮の庄園で天領と成ったのが始まりで
志津城に藤原鎌足の12子孫藤原備中守共資が下向したことから井伊家がはじまり南北朝時代の渦の中にこの地が呑まれて行きます。
こうして小俣京丸を中心とした線を見させてもらってと
何も知らなかった頃の自分がとても気に入って心が癒される土地と見事に重なっている事に驚きます。

尹良親王の移動したルートも同じ様に懐かしさと癒されるのを感じます。

一昨年に大鹿村の大河原に行きましたが
ここでは何も感じる物がありませんでした。
北への線で感じる物があるのは飯田までです。

いよいよ歪に耐えれなくなってきた世の中に
大宝天皇が天照大神にお告げされたように
南朝が真にこの世に再興される日が来るような気がします。

  1. 2012.11.04 (日) 17:19
  2. URL
  3. 東三エネ研
  4. [ edit ]

NoTitle

かわいい花ちゃんさん。

コメント遅くなりましたe-466

懐かしさという感覚は不思議な感情ですね。

嬉しい、楽しい、悲しい、寂しいなどがミックスされたような何とも言えない感情だと思います。

魂の琴線に触れることで、沸き起こるようなものでしょうか。

癒しの効果がとても高いと思います。

こういう感覚は、突然沸き起こるばかりで、なかなか自分で自由にスイッチを入れることができませんが、花ちゃんさんのように、そういうポイントを見つけ出されたことはとても幸せなことですね。

小俣京丸を中心にした場所にそれらの場所があるということは、とても素晴らしいですねe-420

  1. 2012.11.04 (日) 18:55
  2. URL
  3. かわいい花ちゃん
  4. [ edit ]

NoTitle

春野町には護良親王にまつわる伝説も言い伝われています。
小俣京丸に付いては、こと京丸の方が話題になりますが
護良親王の伝説をかみすれば小俣は京丸よりもずっと以前から存在していたようです。
春野町の犬居城も戦闘地域で在った事を考えれば
直に小俣まで敵軍が迫るだろうと考えたのは無理もないことと思いますが、とうとう最後まで小俣の地は
敵軍に発見されなかったものと思います。

京丸の藤原家が尹良親王の御首を高塚山に葬り
御守りの為に京丸に住みついたのは、1400年代だと思いますから
小俣の里の奥深さは計り知れないですね。

最初に小俣に行った帰りに小俣の出口の滝の中に
白い人の影を見ました。
凄い恐怖に襲われ身も凍りつくような感覚になりました。
スーパーカブで走っていたのにも関わらずスピードを
あげる事も出来ずゆっくりと、その恐怖と戦っていると
直に凄くに懐かしい感覚が湧いてきて涙が溢れ出てきました。
森の中に響きわたるほどの嗚咽と共に林道を走っていると母親にやっと巡り合えた様な暖かく懐かしい感覚が
湧いてきました。

一昨年の九月に行った時も分校の中で懐かしい友に逢えた様な感覚が湧いてきて暫し同じような暖かい涙を
こぼしてまいりました。

その後は迷いも悩みも全て晴れて清々しい気持ちになれました。
魂の故郷を見つけれたことはとても幸せなことと思います。


  1. 2012.11.05 (月) 11:20
  2. URL
  3. 東三エネ研
  4. [ edit ]

面白いですね。

かわいい花ちゃんさん。

小俣に護良親王の伝説があるとなると、これは驚愕の事実ですねe-451e-330

護良親王が関わるとなると、この親王は後醍醐天皇の皇子であり、太平記では二ノ宮とされ、あるいは三ノ宮とも言われる皇子ですね。

護良親王は、建武2年(1335年)に、鎌倉で足利直義に毒殺されています。なので、小俣で活動していた期間は、亡くなる前のわずか2~3年くらい(後醍醐天皇の倒幕運動の間)しかなかったと思われます。

南北朝の争乱のホントに初期の頃に、小俣がすでに南朝方の拠点となっていたのでしょう。

私たちが調べた図の水色のラインは、後南朝のレジスタンス運動としてみていましたが、かなり違う見方もできてきますねe-510

調べている中で、富士の田貫湖あたりに後醍醐天皇が御所を構えていて、実は、吉野には立て篭もっていなかったという伝承が出てきました。

現在、そこには田貫神社があり伝承が残されているようです。仮宮はダム湖に沈んだそうです。富士の方面でも、後南朝ではなく、南北朝初期の伝説がありますね。

私たちは、南北合体以降の滅びてゆく南朝の隠し砦の拠点としてラインを見つけましたが、このラインは、最初から後醍醐天皇の建武の新政を行うための倒幕運動の拠点を押さえていたラインでもあったのかもしれませんね。

京丸伝説の方は、尹良親王にまつわる伝承で、この親王は後醍醐天皇からみると、孫、ひ孫、玄孫など諸説あります。いずれにしても、年代は下がるので、後南朝に関わる場所といえますね。

小俣の水路のような構造物をみると、確かにかなりの規模があったことがうかがえます。
  1. 2012.11.05 (月) 18:36
  2. URL
  3. かわいい花ちゃん
  4. [ edit ]

NoTitle

春野に伝わる護良親王の伝説の一部が
大好き春野のページに載っています。
次のURL です。
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2010/05/post-42ab.html

この中では京丸とありますが当時は石切りから京丸に抜けるルートは小俣経由しかありませんので小俣のことだと思います。

後醍醐天皇が吉野でなく富士にいたことに付いては同意見です。
浜北の大平城が落とされた駿河に落ち延びた後は
山梨県の南部町の南部氏をはじめとする強い勢力を背景に富士山の西回りに展開していたと思います。
信州大鹿村の大河原に居たと言われていますが
其処にはいなかった様な気がします。
信州一帯は暫らく後の時代に飯田や阿知村を中心に尹良親王が戦った痕跡が多く後醍醐天皇の痕跡はあまりに少ないでね。




  1. 2012.11.06 (火) 10:59
  2. URL
  3. 東三エネ研
  4. [ edit ]

サイト拝見しました。

かわいい花ちゃんさん。

小俣と京丸はごっちゃになっているようですが、以前は私たちもあの辺り一帯が京丸だと思っていて、小俣の事は分からなかったですが、花ちゃんのブログを拝見するようになって小俣と京丸が別々だったと把握できるようになりました。

地元の人同士なら何となくニュアンスで伝わると思いますが、たぶんよその地域の人たちは、小俣と京丸の違いが分からない人が多いのではないかと思います。

護良親王は、“もりなが・もりよし”とよみますが、“もりなが”と呼んだ場合に、守永親王が出てきます。ひょっとしたら、この親王の伝説が護良親王伝説として伝わったかも知れませんね。

守永親王というのは、後醍醐天皇の第一宮の尊良親王の皇子ですが、藤原石山氏の系図によると、後醍醐の猶子(養子)となって、隠れ南朝の皇位を継承して、興国天皇となったとされています。

それと、応永三年の浪合での遭難に合われた尹良親王とも伝えられます。

1976年に石切部落の八幡神社より、尹良親王の石の座像が発掘されて、正平4年(1349年)と刻まれているそうです。

ここで出てくる尹良親王が守永親王ではないかとも思われます。憶測ですが。

なので、春野町伝承の護良親王は、守永親王とごっちゃになっているようにも思えますが、この辺の事は、追々また調査したいと思います。

いずれにしても、南朝初期の頃の出来ごとだと思われますので、ラインの形成時期は倒幕初期の仕掛けだと思われます。

  1. 2012.11.06 (火) 14:09
  2. URL
  3. [ edit ]

NoTitle

石切より出た尹良親王像の年号を見る限り年号は後年になって掘られたのではないでしょうか。

京丸に付いては尹良親王の没後に
藤原左衛門佐が水窪の山住神社の神官の手引きで、高塚山に近い京丸に住みつくことになったと考えられております。
山住神社からスパー林道沿いの尾根を通り京丸山から
京丸に下り住みついたのではないかと考えています。
水窪の高嶺城などと同様に1400年代に入っての出来ごとだと思います。
小俣京丸の歴史は、懐良親王と喜久姫の伝説もあり南北朝時代の初めの頃より存在したのではないでしょうか。
考察すればするほどに謎が深くなる里です。

  1. 2012.11.06 (火) 17:09
  2. URL
  3. 東三エネ研
  4. [ edit ]

ホント謎ですね。

かわいい花ちゃんさん。

なるほど、後々彫られた年号かもしれないということですね。

尹良親王の石像は、この地方で何か信仰の対象となって祀られたことにより、年号が新しいのでしょうか。

懐良親王と喜久姫伝説というのもあるんですね。

また役者が登場してしまって、混乱の極みですねe-330

喜久姫は、京丸ボタン伝説に「きく」という村長の娘とかぶりますが・・・、何かありそうですね。

京丸伝説はなかなか資料が乏しく、地元の伝承話を元にするしかなくて、様々な言い伝えが交錯していますね。

ぼちぼちと何かが分かってくるといいですね(^^)


 管理者にだけ表示を許可する
 

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「東三河エネルギー研鑽会の探求」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2018.1.6ブログタイトルをまた改めました(^^ゞ

タグリスト

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。