FC2ブログ

東三河エネルギー研鑽会の探求

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。またブログタイトル変えちゃいました。

  1. 水の神様
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

「石山寺~佐久奈度神社~日吉大社」 近江めぐり・その2

佐久奈度神社を出発して、もう一度石山寺方面へと戻り、そこから大津市内を経由して、坂本へと向かいます

7年くらい前にも、坂本を散策しに訪れたことがあったので、何となく景色を覚えていて、道に迷うことなく到着。良かった~(^^)

大津市坂本という町は、琵琶湖の南端の西側、比叡山の東側の麓に位置しています。天台宗総本山比叡山延暦寺や日吉大社の門前町として古くから栄え、比叡山の隠居した僧侶が住む里坊が日吉大社参道の両側に並んでいます。安土桃山時代には、明智光秀により坂本城が築城されましたが、本能寺の変の後、城主となった浅井長政が大津城を築城すると、坂本城は廃城となってしまったとのこと。

穴太積み(あのうつみ)と呼ばれるこの地域特有の石垣の町並みや清らかな水の流れるとても風情豊かな所です。天台宗を開いた最澄生誕の生源寺やロープウェイで比叡山に登れるなど見どころもたくさんありますよ

さて、駐車場に車を止め、日吉大社へと向かいます。

山王権現日吉大社は、日本全国にある日吉、日枝、山王神社の総本宮で、東本宮に大山咋命(オオヤマクイノミコト)、西本宮に大己貴神(大国主神)が祀られています。

創祀は崇神天皇7年、およそ2100年前とされる。古事記に「大山咋神、此の神は近淡海国の日枝の山に坐し」とあり、これが東本宮の大山咋命のことですね。で、ここに記されている日枝の山(ひえのやま)というのが比叡山のことなのですが、日吉大社が、元は日枝大社といわれていたのは、ここからきていたんですね。

スサノウノミコトの御子の大年神(オオドシ神)と天知迦流水姫神(アマチカルミズヒメ神)の御子が大山咋神です。

そして、天智天皇7年(668年)、大津京の鎮護のため、大神神社の神、大己貴神を勧請し、こちらを西本宮にお祀りしたということのようです。それ以降、元々の神である東本宮の大山咋神よりも、西本宮の大己貴神の方が上位とされ、「大宮」と呼ばれるようになったとか・・・。

日吉大社は、平安京の表鬼門(東北)に位置することから、都の鬼門除、災難除のお社として崇敬されてきていて、代表的なご神徳は、方位除け、厄除けとなっています。また、猿を神のお使いとしていて、“神猿(まさる)”さんという神の使いの猿がいらっしゃいます。「まさる=魔が去る=勝る」として、魔除けの象徴となっています。境内地で2匹の猿が飼育されて、可愛かったですよ~(*^_^*)

豊臣秀吉は、幼名を「日吉丸」、あだ名が「猿」ということで、日吉大社を特別な神社としていたらしく、織田信長の比叡山の焼打ちで焼けてしまった日吉大社の復興に尽力したという話です。

hiyosi009.jpg

hiyosi010.jpg

↑こちらが神猿さん。西本宮にいらっしゃいます。


日吉大社には21社ものお社があるそうで、よく分からないままに、東本宮から西本宮へと歩いてみました。


hiyosi001.jpg

↑東本宮。この背後は山です。


hiyosi007.jpg

↑中七社。新物忌神社。天知迦流水姫神(アマチカルミズヒメ神)。


hiyosi006.jpg

hiyosi004.jpg

hiyosi005.jpg

↑井戸がありました。キレイな水です。


hiyosi003.jpg

hiyosi002.jpg

↑涼しげな水音の聞こえる境内。ここは水の美しい場所なんだなぁって思う・・・。湧水は飲んでいいのかよく分からなかったので、二葉葵に水をかけてきました。が、後で調べてみたら飲めるようでした(^_^;)


hiyosi008.jpg

↑悪王子社と書かれた石碑。「悪王子って何?」と思って調べてみたら、悪王子とは、スサノウノミコトの荒魂で、「悪」というのは「強力」という意味だそうです。


東本宮を出て、歩いて行くと、途中、「三宮遥拝所」「牛尾宮遥拝所」と書かれたお社がありました。二つの宮の間には上の方へと続く階段のような坂道が・・・。遥拝所ということは、この上にメインの宮があるってことなんですが、さすがに早朝からブラついている身体では、ちょっと登る気力が出ずに、簡単に断念。

後ほど調べてみると、八王子山という378メートルの山を登ると、磐座の金厳岩、三宮、牛尾宮の社殿があるそうですが、これが結構きつい坂道なんだそうです。「登らなくてよかった~」と思う反面、「磐座があるなんて、行ってみたかった~」と複雑な心境。

たくさんのお社をみながら、西本宮に到着。先ほどの写真の神猿さんはここにいらっしゃいますよ。

西本宮を出ると、こんな石がありました。

hiyosi012.jpg

hiyosi011.jpg

↑大威徳明王が宿る霊石。すぐ側を川が流れているので、周りは涼しく感じるのですが、なぜかこの石の周辺は、産毛がモヤモヤとするような、クモの糸がまとわりつくような、暖かいような感じがありました。


hiyosi014.jpg

hiyosi013.jpg

↑牛頭天王(スサノウ)が宿る霊石。ここもモヤモヤした感じがありましたが、大威徳明王の石の方が分かりやすかったような気がします。


hiyosi016.jpg

hiyosi015.jpg

↑三角形になった山王鳥居。


我々は、東本宮から入ってしまったので、順路が逆になってしまいました(-_-;) この鳥居の所が正面になりますので、ここから散策した方が順当な順路になると思います。

さて、一通り散策を終え、一路帰路へとつきました。はぁ~、くたびれた~

んで、恒例の「帰って来てからの旅のおさらい」をやってみると、何とまあ、とりこぼしの多かったことを発見し、超残念な思いに・・・(>_<)

日吉大社の摂社の唐崎神社(そういや道中に看板があったっけ)、日吉大社のすぐお隣にあった日吉東照宮、先ほども出た八王子山などなど、「行けてない所がこんなにあったんかい~( ̄▽ ̄;)」ってな感じですが、日帰りじゃ限界もあるし、予定していた三井寺にも行けなかったし、またリベンジかけるべしっ!フンガ~(il`・ω・´;)


hiyosi-line001.jpg

さて、おさらいとして、こんなラインを引いてみました。

さすがに歴史の宝庫な場所なだけあって、よく知っているところがライン上に並んできますね。まあ、一部超ローカルな場所が入ってますが・・・(^_^;)

大神神社から大己貴命を勧請したということで、日吉大社と大神神社が南北ラインで並んでいます。そして、そのライン上には、物部氏にゆかりの石上神社、大海人皇子(天武天皇)が身を隠し挙兵したという吉野、そして玉置神社が並んできます。ついでに大神神社を起点に東を見てみると、伊勢の斎宮、答志島、神島となっています。

瀬織津姫が祀られている佐久奈度神社の南には奈良の長谷寺、北には石山寺。瀬織津姫の別の姿といわれる十一面観音のいる長谷寺がこんな風に並んでくるとは、意図的にそうなっているのかどうかに興味をそそられる所ですね。

日吉大社の西側には比叡山がありますが、比叡山の南北ラインを見てみると、南に東大寺、北に福井県小浜市にある神宮寺となります。

東大寺といえば、二月堂でお水取りという行事が行われますが、東大寺のお水取りで使われる水は、小浜市の神宮寺から10日間かけて、東大寺の若狭井という井戸に届くとされています。神宮寺と東大寺の間には不思議な地下水路で繋がっているとの伝説もあるとか・・・。神宮寺から東大寺へ水を送る行事は「お水送り」と言われ、東大寺のお水取りに先がけて行われるのです。

そして、日吉大社から東へと目を向けてみると、これがまたとってもローカルですんませんって感ですが、徳川家康の一族の出身地、愛知県豊田市にある「松平郷」、不思議な十一面観音が秘仏となっている愛知県新城市の田峯観音、鬼の舞や湯ばやしといった神事で民俗学的にちょっとミステリアスだといわれるお祭り、“花祭り”で知られる愛知県東栄町にある槻神社(祭神・瀬織津姫)があるのです。

松平郷、田峯、槻神社はたまたまそんな風に並んだだけかなとも思えますが、日吉大社と日光東照宮は30度のラインで並んでしまいました。どうして30度のラインで並ぶのか?

徳川家康の呪術的ブレーンといわれる天海僧正は、明智光秀の一族と関係しているのではないかと噂のある人という視点で考えてみると、明智光秀の居城があった坂本にある日吉大社(比叡山)からのパワーを得るために、意図的にパワーラインを作ったのではないかと思えてきます。

30度のラインというのは、夏至の時の日出の角度(北東に約30度)、冬至の時の日没の角度(南西に約30度)ですが、そう、日吉大社と日光東照宮は、夏至の日出の位置に日光東照宮、冬至の日没の位置に日吉大社というレイラインの配置になり、
“一年で一番太陽のパワーの強い日出=活力”
“一年で一番太陽のパワーの弱い日没=再生の力”
というパワーラインが作られているってことになるんですね。

もうちょっと簡単に言うと、日吉大社から見ると夏至の日出が日光東照宮の方向で、日光東照宮から見ると冬至の日没が日吉大社からってことになります。どうよって感じですね

以前読んだ本には、富士山から北東に30度の位置に江戸城があって、江戸城から北極星の方向に日光東照宮があるって説明してありましたが、これだと若干方位がズレてくるし、そんなややこしいことをやらなくても、日吉大社から北東に30度のラインを引けば、モロ日光東照宮でした。

しかし、徳川家康という人は・・・。何を企んでいたのか・・・(^_^;)?

徳川家康といえば、ちょっと不思議な話を聞きました。

豊橋市と豊川市の隣接するあたりに権現山という丘があるのですが・・・。

この地域に伝わる伝説とやらに、「豊川の下流の三上という所に、浜松から徳川家康が攻めてきて、それを岡崎から来た松平元康が迎え撃った。戦いに負けた徳川家康は浜松に逃げ帰るが、一時立てこもった丘を現在、権現山という・・・。」こんな話があるのです。

松平元康とは、徳川家康が「家康」に改名する前の名前です。ってことは、この話だと本人同士が戦ったということになります。どーゆーこと

徳川家康は、どこかで人が入れ替わっているという説があるそうで、なんだか謎の多そうな人ですね。

ちなみに、今NHKで放送中の大河ドラマ「江」の旦那さんの徳川秀忠の生母は、西郷の方と呼ばれたそうですが、豊橋市石巻西郷あたりの出身だそうです。

さてさて、こんな感じの近江巡りでしたが、家に帰って来てからも、何だか身体が熱くて、石山寺の暑さがまだ続いているような感じでした。次の日の午前中まで、身体の火照りは続いておりましたが、この熱感は、百間滝に初めて行った時の熱さに似ているかな?といった感じで、ひょっとしたら石山寺の硅灰石にマジで岩盤浴のような効果があるのか?!それともあの場所一帯に何かあるのか?!なんて考えてしまふ。

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体


 管理者にだけ表示を許可する
 

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「東三河エネルギー研鑽会の探求」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2018.1.6ブログタイトルをまた改めました(^^ゞ

タグリスト

ブロとも申請フォーム