FC2ブログ

東三河エネルギー研鑽会の探求

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。またブログタイトル変えちゃいました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. レイライン
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

北緯34度47分、神仏のリレーション その1

いきなり北緯34度47分って書かれても、「何ですか、それ?」って感じですよね(^_^;)

北緯(南緯)、東経(西経)というのは、地図や地球儀で見かける縦横のグリッドラインで、地球上の位置を表すのに使いますよね。GPSでお馴染かとも思いますが、地図には、緯度が横線、経度が縦線で書かれていますね。北半球は北緯東経、南半球は南緯西経となっています。

で、この緯度・経度が同じ数値のところを辿っていくと、南北、東西を直線で追っかけて行くことができるのです。緯度の数値が同じところを繋いでいくと、東西の直線ラインに、そして、経度の数値が同じところを繋いでいくと、南北の直線ラインが出来上がります。ちょっと、ややこしいかな?

さて、東西の直線ラインというと、そうです、春分、秋分の“日の出・日没ライン”が出来上がるってことなのです

では、またまた、超ローカルネタになりますが、北緯34度47分には、豊橋市日色野町(しきのちょう)の菱木埜天神社という神社があります。

菱木埜天神社のお隣には、神泉寺、その隣には熊埜神社というように、お寺を中心にして左右に神社が配置されるという形になっています。

地域でお祀りされている小さな神社なのですが、ここには徐福伝説や元伊勢、何らかの宮があった場所ではないかとの伝承が残る、ちょっと謎めいた神社でもあるのです。いけにえ伝説の残る小坂井町の菟足神社とも関係があります。

そして、実際に訪れてみると、こういったよく分からない物が置いてある(祀ってある)のです。


TS330037.jpg

hisikino002.jpg

hisikino001.jpg

hisikinojinja010.jpg

丸い木を真ん中から真っ二つに割って、そこに12本の線が描いてあるのです。これが二本(対)にして、注連縄でくくられて祀ってあるのです。

私たちは、全く初めてお目にかかるもので(隣の地域に住んでいた私も全く知らない)、「一体これは何?」と不思議に思って調べてみても、これといった情報もつかめずにいたのですが、先日、また訪れてみた時に、たまたまそこにいた近所の人と思われるおじさんに尋ねてみたら、「いつもは12本の線だけど、閏年には13本の線になるだぞん」と教えてくれました 何のために、いつから行われているものかは分からなかったですが、どうやら暦に関連するものらしいということが、おぼろげながらつかめたようです。

閏年とか、13の月とか、13ヶ月とか、太陽暦とか太陰暦とか・・・、暦の話になると、これまたややこしい・・・( ̄▽ ̄;)と思いつつも、色々と調べていたら、こんな話が出てきました。

仲哀天皇の頃から、氏族が自分たちの部落の行事に合わせて暦を編纂していて、今も部落ごとに守られている地域があるのだとか。木の幹を小さく割って、大小さまざまに一年の月日に並べて、皆が一致するまで、立て替え、並べ直しを繰り返し、納得がいくまで日取りを組む。こうやって、太陽暦と陰暦のずれを計算して、暦を作る、これを「日振り」といい、そして、その暦が出来上がると氏族一同に触れて回り、知らせることを「日振れ」という・・・、こんな記述を見つけました。

ふ~ん、菱木埜の木の幹を割ったような物に書かれた12本の線も、暦を現わしているのだとしたら、こんな風習からきているのかもしれない。そして、出来上がった暦を集落の人々に知らせるために線を書いて(今年は12カ月だよ、今年は13カ月の年だよってな感じに)、人が集まる場所に置いたのかしら?そして、それがああいった形で今でも残っているのかしら?そんな想像をしてみました。

太陽暦と陰暦は、現在でも調整が難しいということですが、古代では、氏族によって暦が違っていたらしく、氏族間の暦の調整はとても大変で、暦は自国の命運をも左右させるような政治的にも重要なものであったようです。

おっと、34度47分ラインから話がちょっとズレちゃいましたので、話を戻しましょう

菱木埜天神社の西側は三河湾にドボンしちゃうので、東を見てみます。すると、石巻山がバッチリ見えるのです。そうです、石巻山も北緯34度47分で、菱木埜天神社と東西で直線に並ぶのです。春分、秋分には、石巻山から昇る太陽を菱木埜天神社から見ることができるのです。

菱木埜天神社と石巻山の距離は、直線で約10キロ少々ですが、この間には・・・、

菱木埜天神社(徐福伝説・秦氏)
平井稲荷山貝塚
菟足神社(徐福伝説)
五社稲荷(古墳)
瓜郷遺跡(竪穴式住居)
光道神社
八所神社
行明神社
牛川浪ノ上稲荷神社(古墳・徐福伝説)
石巻山

こういったところが並んでいるのです。

3447line001.jpg

地図にラインを引っ張ってみるとこんな感じです。このピンクのライン上に、上記の神社などが点在しています。線が細いので、ラインからはみ出している場所があるじゃんって思うところですが、緯度の1分は、おおよそ1.85kmの幅がありますので、その中にこれらの場所が点在しているということです。ちなみに緯度が1度違うと、111km違うそうです。1分以内の中に、これだけのものが置かれているということは、偶然できたものだとは考えにくく、たぶん、計算して配置されたのではないかと思います。

さて、このラインの中にある「光道神社」は豊橋市大村町にあります。豊川沿岸にあるこの神社は、目の前に石巻山を見ることができるロケーションとなっています。「光の道」という名のこの神社は、石巻山を春分、秋分に遥拝する場所であると言われています。

koudou004.jpg

koudou003.jpg

koudou001_20101214163557.jpg


神社は、船の形をした敷地に建てられていて、来名戸之塞神(クナトノサイノカミ・クナト神)と住吉三神の中の底筒男命、中筒男命の2神と神功皇后が祀られていますが、ここと同じように豊川沿岸の一宮町にある津守神社も船形の敷地にあり、住吉大社を祀る津守氏と同族だということで、何か関係あるのではと思わずにはいられませんね~(^^)

さらに、34度47分ラインからは外れていますが、御津町(みとちょう)にある御津神社の境内にも、船形に組まれた石垣に龍神が祀られており、これもまた何か関係があるのかな?と思ってしまいます。

クナト神は、フナト神、塞ノ神・才の神(さいのかみ)とも呼ばれ、イザナギが、黄泉の国の亡者となったイザナミに追っかけられた時に、杖をさして追い払った「来な=クルナ」の神と、船で神が渡ってきたので、フナト神と言われるとか、いろいろと説があるようです。

そして、さらに東へと辿ると、牛川原人の骨が出土したことでも有名な牛川地区があります。最近も、何やらが出土したらしく、発掘作業なんぞをやっています。その牛川の浪ノ上町に牛川浪ノ上稲荷があります。ここは古墳でもあります。

ここから東には石巻山が見えますが、真北を見てみると砥鹿神社里宮を通過して、本宮山へと行きつきます。

本宮山と石巻山を“山あて”にして、南北、東西のラインが交わる場所に、浪ノ上古墳を築き、この二つの山を遥拝していたのではないかと思われます。(逆に遥拝所だったところを古墳にしたのかも?)

さらに、驚くべきことには、本宮山から浪ノ上古墳の距離を二分したところに、砥鹿神社里宮が位置するのです。おお~、ビックリ~と言いたいところですが、わざと作ってあるので、敢えて驚くことでもないようです(^_^;)

naminoue002.jpg

naminoue001.jpg

浪ノ上稲荷神社です。近所の人に地域の住宅地図を見てもらって(近所の人も知らないという・・・)、やっと見つけました。はふぅ~(>_<)

ここも徐福伝説が残る場所です。今ではあまり知られない場所になっていますが、この場所は、東西南北ラインの交わる重要地点だと思われます。

さて、34度47分とは違って、超メジャーなレイラインと言われるのが、34度32分のご来光の道で、これは東端を神島にして、伊勢の斎宮~奈良の大神神社へと東西へ伸びる、名所旧跡史跡だらけのラインとなっています 超豪華っ( ̄▽ ̄;)

これと比べると、34度47分は超ローカルなしょっぱいレイラインですが、それなりに謎がいっぱいって感じで、なんだか楽しくなってきます。にゃんとですね、このローカルレイライン上に、ウチのお寺も実家もあるし、どんどん東へと伸ばして言ったら、掛川市の事任八幡宮とも同じ緯度になってたっすよ~。うひょ~、パーソナルレイラインだ~!感激~ 春分の日には、実家から事任八幡宮へと繋がってパワーをいただいてみようかしら?これぞ神仏のリレーション(^◇^)

でもって、事任八幡宮から北へとラインを伸ばしてみると(東経の数値が同じところを辿ると)、粟ヶ岳(阿波々神社)があり、そして、分杭峠を経て、戸隠へと繋がっていくのです。これもまた、ちょいと豪華な南北ラインですね。

そして、12月22日は冬至。この日は一年で最も日が短い時期になります。冬至は一年の中で一番太陽のパワーが弱まりますが、この冬至を境に、太陽はまたエネルギーをどんどん増していく(日が長くなっていく)ということから、再生を意味すると言われます。太陽のエネルギーは夏至の日が最大になるということから、夏至の日の出(朝日)にパワーがあるってことになるんですね。

そんな太陽のエネルギーをいただくべく、古代より人々は太陽を信仰し、特に夏至の日の出と冬至の日没を重要視していたようです。

石巻山から冬至の日没の方角は、伊良湖岬の先端、うち海のゴルフ場のあるあたり。さらに西へ伸ばしていくと、三重県の答志島、伊勢神宮内宮となります。答志島の名の由来は、“冬至の島”からきているそうなので、古代より冬至に関係する場所だったようですね。

「冬至にかぼちゃを食べると病気にならないよ」といった言い伝えは、こんな所からきているのでしょうか(^^) さてと、もうじき冬至ですが、再生のエネルギーを充電してみてはいかがでしょうか。

さて、連日連夜のライン探し、ライン引きで、ついに頭痛で悶絶しておったモ吉さんですが、レイライン&エネルギーライン探しは、まだまだ続くのであった・・・。

続きは次回です

スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術


 管理者にだけ表示を許可する
 

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「東三河エネルギー研鑽会の探求」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2018.1.6ブログタイトルをまた改めました(^^ゞ

タグリスト

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。