FC2ブログ

東三河エネルギー研鑽会の探求

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。またブログタイトル変えちゃいました。

  1. パワースポット
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

月は東に日は西に@幡豆神社

「犬が西向きゃ尾は東」みたいなタイトルになっちゃいました 実はこれ、日没と同時に月が昇ってくるという、よくある風景と言えばそういうことなんですが、私たちは、海に日が沈んで、山から月が昇るという、なんとも素敵な景色に遭遇しました

その場所は、愛知県幡豆郡吉良町の幡豆神社。主祭神は建稲種命(たけいなだねのみこと)。渥美半島と知多半島の両腕に抱かれるような三河湾に面した小高い場所にある神社です。神社の前には、穏やかな海が広がっています。ここから右手方面の向こうには知多半島がありますが、先端の師崎(もろざき)にも、主祭神が同じという羽豆神社があり、吉良の幡豆神社と師崎の羽豆神社を結んだ南西方向には、伊勢神宮があるというところも、私ら的には興味をそそります。やたらと地図に線を引きたがっててすみましぇん(^_^;)

吉良といえば、赤穂浪士に討ち入りされた吉良上野介が有名ですね。吉良の名前は、愛知県西尾市にある八ツ面山から産する雲母(うんも)が由来だということです。

吉良の幡豆神社の主祭神は、建稲種命ですが、この方は、日本武尊(やまとたける)の許婚、宮簀媛(みやずひめ・日本武尊から預かった天叢雲剣を奉斎鎮守するため熱田神宮を建立したといわれる)のお兄さんで、東征の際には、旗頭を務め、軍功をあげたのですが、その帰路、駿河湾で遭難し、その遺骸が吉良の蛭子岬(えびすみさき)に漂着したということから、この地に祀られたようです。


hazujinja002.jpg


hazujinja001.jpg


hazujinja003.jpg


小高い所にあるので、海がよく見えます。日没の写真です。黄金色に輝く海がとてもキレイです。

yuuhi001.jpg


だんだんと沈んでいく太陽。周りの影も濃くなっていきます。

yuuhi002.jpg


yuuhi003.jpg


沈んでしまいました。

yuuhi004.jpg


夕暮れの海をゆく船。仕事を終えて帰るところかな?

yuuhi005.jpg


幡豆神社を下りて、海岸へ行くと、蛭子岬。そこに蛭子社があります。

ebisu001.jpg


ebisu002.jpg


そして、何気に振り返ったら、こんな風に月が出ていたんですよ~。おお~、びっくり

tuki002.jpg


tuki001.jpg


海をほんのりと照らす月光。太陽とは違う柔らかな涼やかな光がとても綺麗です。

●菜の花や月は東に日は西に
与謝蕪村の俳句です。まだ何となく明るさが残る空に、白っぽい月が昇る。菜の花畑の日没と月の出。昼間と夜の狭間、誰そ彼時(黄昏時)・・・。ちょっとした次元の隙間を感じさせるような、幻想的な風景を想像させるような句ですね。

直近で、日没と月の出が同じ時間になるのは、8月24日~25日頃のようです。太陽が海に沈んで、月が山から昇る・・・、なかなかの絶景だと思います。吉良温泉や海水浴場もある吉良町。夏のお出かけにもお勧めですよ

おまけ。

久しぶりに俳句なんぞを作ってみました。

●吉良の浜暮れゆく海と昇る月(by モ吉)
●月光を浮かべて波の静かなり(by いずみ)

月に関する語は秋の季語になります。モ吉の句は、地名を入れたご挨拶句になってしまいましたが、吉良と月がキラリと輝いている様子が、かかっていていいでしょ☆なんて。私の句は、まあ、普通ですね(^_^;)








スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体


 管理者にだけ表示を許可する
 

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「東三河エネルギー研鑽会の探求」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2018.1.6ブログタイトルをまた改めました(^^ゞ

タグリスト

ブロとも申請フォーム