柳田國男の「一目小僧その他」の中に、故郷の神社にあるスガ目の矢大臣の話がある。神社の随神門の左右にある木像のどちらか一方が片目を閉じているという・・・。

といきなり言われても、何のことやらってな感じかと思いますので、まず、随神門にいる随神とは何ぞやということで調べてみると・・・、

【随神とは】
随身 随神 ずいしん

貴族の外出時に警護のため随従した近衛府の宮人。
また神道において神を守る者として安置される像のこと。
門主神(かどもりのかみ)、矢大臣、左大神とも。
門の左右に随身を安置した門を随神門と呼ぶ。


と説明されております。

そして、柳田國男の「一目小僧その他」から抜粋してみると・・・、

一目小僧 その他  昭和9年5月
 材料は今でもまだ集まって来る。たとえば目一つ五郎考の中に、郷里のうぶすなの社殿の矢大臣が、片目は糸みたように細かったということを書いてしまうと、それからはどの御宮に参拝しても、きまって門客人(かどまろうど)の木像に注意をせずにはいられなくなる。その木像には年を取った赭(あか)ら顔の方の眼が潰(つぶ)れているのが多く、またそうでないのもある。これを見ると私は非常に考え込むのである。

神片目
 目の左右に大小ある人はもとより多いが、それの時に顕著でありまた一般的である場合には、いわゆるアヤカリをもって説明せられる。たとえば福島県石城(いわき)群大森の庭渡(にわたり)神社などは、以前の本地仏庭渡地蔵尊の像、美容にして片目を小さく造ってあった。それゆえに大森の人はみな片目が小さいと言い、しかも美人の生まれぬのも鎮守様が器量よしだからといっていた。

 自分の生まれた在所では村の氏神と隣村の氏神と谷川を隔てて石合戦をなされ、あちらは眼に当たって傷つかれたゆえに、今でも隣村の人は片目が小さいといったが、しかもこちらの社の門客人(かどまろうどがみ)いわゆる矢大臣がまた片目を閉じた木像である。

 幼少の頃からこれを不思議に思って、今も引き続いて理由を知りたいと願っている。片方の目は一文字に塞いで他の一方は尋常に見開いているのが、二体ある像の向かって右手の年取った方だけであったように記憶する。今でもまだあろうから確かめることはできる。*参考までに柳田國男のうぶすな神社は、兵庫県神崎郡田原村大字西田原字辻川にある鈴の森神社です。

 もちろんこの彫刻は定まった様式に従ったまでで、特にこの社のみにかぎられたことではなかろうが、他の実例はあの地方ではまだ心づかぬ。


このように書かれていて、柳田國男はうぶすな神社でみた片目の像について、幼い頃から不思議に思っていたようですが、その後もこの片目の像について結論めいたことは述べてはいないようです。

さて、そんなこんなで、静岡県浜松市神ヶ谷にある賀久留神社へと行ってみました。ここには随神門があります。果たして柳田國男の言うように、片目の矢大臣がいるのかどうか、確かめてみました。

kakuru_zuisin_mon01.jpg
<賀久留神社 随神門>

門の両サイドに矢大臣がいらっしゃいます。門の中はとても薄暗く、かなり分かりにくいですが、じっと覗き込んでみると、うん、確かに目の大きさが微妙に違う。

柳田の説にあるように、片方の年寄りの随神の目が少し小さいようです。

zuisin_small02.jpg
<賀久留神社 随神 左大臣(年よりなので髭が白い)>

zuisin_small01.jpg
<左大臣をよく見てみると、片目が小さいです>

zuisin_ryoume02.jpg
<もう一方の随神 右大臣(若いので髭が黒い)>
  
zuisin_ryoume01.jpg
<目の大きさは同じようです>

パッと見ただけでは気づきにくいですが、右大臣(年若い方)と比べてみると、たしかに左大臣(年寄りの方)は顔の表情がなにやら険しく感じます。それはおそらく左右の目の大きさが違うからじゃないかと思います。

だけど、この賀久留神社を見ただけで、柳田國男のいう通りだというのも早計なので、他に随神門はないのかな?と調べてみると、岡崎市の伊賀八幡宮にあることが分かりました。ただ、自分たちの住んでいる愛知県には伊賀八幡が唯一だということです。

これまた何でだろう?と新たな疑問が浮かびます。ひょっとして、東三河にはアラハバキ神が多く残っていて、これも門番の神として祀られているので、随神ではなくアラハバキとして残ったからかな?なんて思ったりしますが、それは今後のテーマということで・・・。

お隣の静岡県側にはいくつかの随神門がありますが、そのうちの一つが最初に紹介した賀久留神社で、他には浜松市の津守利神社、磐田市の府八幡宮にあるようです。

iga_zuisin_mon.jpg
<伊賀八幡宮 随神門>

iga_zuisin02.jpg
<伊賀八幡宮 随神 右大臣>

iga_zuisin01.jpg
<伊賀八幡宮 随神 左大臣>

岡崎の伊賀八幡宮の随神像は比較的新しく、最近の造りのようです。妙なリアル感がある像ですね。両サイドの像を見ても、片目を閉じているとか、目の大きさが違うなどはありませんでした。もしかしたら、昔にあったんだろう像には、柳田説のように片目の左大臣だったのかもしれないなと想像しますが・・・。

次に向かったのが、浜松市の津守利神社。

tumri_zuisin_mon.jpg
<津守利神社 随神門>
  
tumori_zuisin02.jpg

tumori_zuisin02up.jpg
<津守利神社 随神 右大臣 髭が黒いので若い>
  
tumori_zuisin01_20131228140521c3c.jpg

tumori_zuisin01up.jpg
<津守利神社 随神 左大臣 髭が白いので年寄り>

こちらは、先ほどの伊賀八幡宮に比べると少々年季の入った古さがあります。しかし、随神の目は片目にはなってないです。ちょっとデッサン狂った凄いお顔の、まあ、ユニークな随神ですね(^_^;)

結局、片目の随神はすべての随神門に共通するものではなく、また時代の推移によっても違うのかなと思う。

で、最後に、静岡県磐田市の府八幡宮を訪れてみました。

fu_hatiman_zuisin_mon.jpg
<府八幡宮の随神門。 凄く立派な門です。かつてこの地には国府がおかれていました>

  
fu_hatiman_zuisin02.jpg

fu_hatiman_zuisin02up.jpg
<府八幡宮 随神 左大臣 あきらかに片目が小さくなってます>

  
fu_hatiman_zuisin01.jpg

fu_hatiman_zuisin01up.jpg
<府八幡宮 随神 右大臣>

仁王像を思わせるような立派な像です。格子があって中を伺うことができにくいのですが、どうでしょう、こちらの左大臣は見事に片目が小さく、柳田國男の説その通りであります。

一目小僧について柳田國男は、多くのオバケと同じく、本拠を離れ、系統を失った昔の小さな神であると言っています。そして、一方の目をつぶされた神であるとも言っています。大昔のいつの代にか神様の弮族にするつもりで、神様の祭りの日に人を殺す風習があった=いけにえ。逃げてもすぐに捕まえられるように、片目を潰し、足を一本折っておいた、と記しています。一目小僧伝説とは、いけにえの習慣であったと柳田國男は説いているのです。

以前、柳田のこの話を参考に書いた記事がありますので、よかったらどうぞお読みくださいな。「一年神主」

その後、谷川健一氏が、一目小僧伝説について、たたら製鉄に関わる山の民、いわゆる産鉄系の人々が、製鉄のため、高温高熱で目がやられる、火を起こすためのふいごを踏み続けることで足がやられる、そんな姿を里の人が見て、それを妖怪=一目小僧だといったことではないかと説いています。

ということで、訪れた所を見ると、いけにえ的な話はちょっと分からず、どちらかというと、産鉄に関係していそうな気がします。産鉄と一目の随神(矢大臣)との関わり合いは、次のテーマとして今日はここまでとします


オースチンmurasakiあいさつ

今年はブログ休止期間がありました。色々と思う所があって、記事もだいぶ整理してしまったので、以前と比べスピリチュアル色が無くなってしまい、そちらのファンの方には申し訳ありませんです

まあ、こんなエネ研ですが、懲りずにまた来年もよろしくお願いします

では、よいお年を・・・




スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
2013_12_28


先日のNHK日曜美術館とBS日テレのぶらぶら美術・博物館で、現在サントリー美術館で開催中の「平等院鳳凰堂 平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」を紹介していました

unchukuyoubosatu.jpg


平等院鳳凰堂の壁面に飛んでいる、国宝・雲中供養菩薩さんたち&国宝・阿弥陀如来坐像光背飛天(阿弥陀さんの光背で飛んでいる菩薩さん)の寺外初公開ということで、美しく優美な仏を間近に観賞することのできる美術展です。

でもって、鳳凰堂落慶供養後に堂内に奉納される雲中供養菩薩の模刻像も展示されていて、その菩薩には実際に触れて結縁を結ぶこともできるという、なんとも素敵な場も設けられているようです

雲中供養菩薩をご覧になったことのある人は分かると思いますが、雲に乗って楽器を演奏していたり、歌ったり舞ったりする菩薩の姿がとても優雅で、生き生きとしていて、とても楽しく感じる菩薩さんなのです。菩薩の乗る雲は、まるで孫悟空のキン斗雲のようで、「こんな乗り物あったら楽しいだろうな~」と思わせるような面白さです

unchu_bosatu01.jpg   unchu_boatu02.jpg

そんな雲中供養菩薩ファンのドグオ氏は、もうかれこれ10年近く前に、今はなき「プリントゴッコ」なるもので刷ってみたことがあったのでした

IMGP0031.jpg


薄紫の草花と月が印刷されたハガキに、笙を奏でる菩薩を金色と銀色で印刷。プリントゴッコの印刷とはいえ、なかなか優美で幻想的な雰囲気に仕上がりました。結構お気に入りで、今も額に入れて飾っておりまする

数年前に販売終了となってしまったプリントゴッコ。パソコンやプリンターが普及したおかげで、家庭でも簡単に写真やイラストを印刷できるようになり、これまたとても便利でいいものなのですが、プリントゴッコもかなり面白い印刷ツールで、これのファンも多かったように思います。

印刷業界自体もデジタル化される一方で、かつての活字を拾って印刷する活版印刷のような手作業の印刷を復活させている人もいるようです。今でもプリントゴッコを細々と使い続けている人もいるんだろうな。頑張れ~なんて思ってしまう

さて、サントリー美術館の「天上の舞 飛天の美」では、平等院の雲中供養菩薩と併せて、インドから日本へ伝来した仏教と飛天の古典なども併せて紹介されています。

その中で、法隆寺の法隆寺金堂の天蓋の飛天も2点展示されているそうです。

hiten.jpg

こちらが2点のうちの一つのこの飛天さんですが、よく見てみると・・・、ああ、また、誰かに似てると思ってしまいます

ということで、前回の「興福寺の仏頭=中日ドラゴンズ田島投手」に続いて、

buttou01.jpg   tajima001_20131222102040000.jpg  

中日ドラゴンズ仏顔シリーズ第二弾!

Hiten_up01.jpg   chuniti_inoue.jpg

またまた写真並べてみました。法隆寺の飛天と元中日ドラゴンズの井上選手、似ているように思いませんか(^_^;)?

そんでもって、法隆寺の飛天のお顔は、法隆寺の「釈迦三尊像」のお顔にも似ているように思うんですよね。アルカイックスマイルという神秘的な微笑をたたえた釈迦三尊像は、鞍作止利(くらつくりのとり)仏師が、聖徳太子の姿をかたどり等身大に作られたという説もあるみたいなんですが、んん、ってことは、井上選手は聖徳太子顔ってことになるんでしょうか

さて、年末の忙しい時期ではありますが、こんな展覧会に足を運んで一息ついてみてはいかがでしょうか

「天上の仏と遊ぶ師走かな」


テーマ : 絵画・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
2013_12_22


最近のドグオ氏。

ステンド硝子アートで玄関の装飾をしてみたことをきっかけに、絵を描くことが再燃してしまいました

絵筆から離れてずいぶんと経過していたため、当初は手が動かないとか言ってましたが、やはり、高校、大学とずっと絵に真剣に取り組み、描いていた事が体に記憶されているようで、だんだんと感覚が戻ってきたようです

感覚が戻ると同時に、もう、ず~~~っと、黙々とひたすら絵を描き続けているのです

「疲れないの?」と尋ねても、「それなりには疲れるけど、不思議と描けてしまう」といい、いつもなら夕飯を済ませた後、くつろぎながらテレビをみることが楽しみだったのに、最近では、すぐに絵筆をとって、また黙々と描き続けているのです。ちょっと不思議な光景になっているのです

今はまだまだ練習と言いつつ、主に描いているのは猫やワンコの似顔絵とかウチの常連さんチに生まれた赤ちゃんや子供さんの似顔絵、有名人の似顔絵なのですが、どうにかソックリに描きたいと思いながら、対象物をじっくりと眺めていると、そこから目に映っている姿とは別のものが見えてきて、言葉で言い表すのは難しいけど、まあ、オーラみたいなものが滲みでてくる・・・、そんなことを言うドグオ氏なのであります。

今年の初めから、なぜか「瞑想」の必要性に駆られ、頻繁に瞑想を行っていました。その影響で目に見えないどこかに繋がってしまったのか、背後にいる目に見えない存在が目覚めたのか(誰やね~ん)、絵を描く方向へと動き出してしまったようにも思えます。

そして、黙々と描き続けるその姿は、まるでトランス状態で絵を描いているかのようです。

その状態で描いたウチの亡くなってしまったコブくんの絵がこちらです。


IMGP5025.jpg
ⓒCobu Factory 2013

テーブルの上からじっと見つめるコブ君の姿は写真とソックリです

世の中、ソックリに上手に描ける人はいくらでもいますし、最近では、写真をトレースしたり、パソコンでソックリに仕上げる方法もあるのですが、ここに描かれているコブ君は、生前のコブ君の毛のペタッとした艶感や肌触り、尻の肉の柔らかさ、腋毛や耳毛のポワポワ感、手の形・・・、そんなものがその時のままの姿で蘇ってくるほどに描かれています。

ただ、形を形通りになぞってコピーしたかのように描いただけのものではなく、コブ君の持つオーラや偉そうにしてるけど情けない、いつも良いポジション、得するポジションにいようと狙っている、メロンにこの場所を取られないようにといったそんな内面までもが描き出されているようです。

なので、思わず「うわ~ん、コブ君だぁ~」と笑えるほどに、コブ君なのです

さて、岸田劉生の麗子像の絵は皆さんも良くご存じのことと思います。

reiko02.jpg

こちらが美術の教科書などでよく見かける麗子像なのですが、実際の麗子さんというのは、こんな顔ではなくもっと普通にカワイイ女の子で、

reiko01.jpg

実物はこんな感じなのですよね

普通の感覚ならば、自分の娘をカワユク描きたいと思う所でしょうが、なぜか劉生はデロリな妖怪チックな絵に仕上げてしまったのです。私が娘だったら泣いちゃうぞってな具合です。

これは、おそらく、対象となる麗子を観察しているうちに、彼女の内側へとどんどん入り込んでいき、そこで何か違うものを見てしまい、それがデロリな表情として描き出されてしまったのではないかと想像します。

また、小説「ぼっけいきょうてい」の表紙となった。甲斐庄楠音(かいのしょうただおと)の女性の絵も、この世の人間を描いているはずなのに、遊女なのか狂女なのかが分からないような、何かが乗り移ったような、何とも気味の悪い絵になっております。

kainosho01.jpg

また、ドリアングレイの肖像という小説では、美貌の青年ドリアンは、この美しさがいつまでも欲しいと思うようになってしまい、自分を描いた肖像画がいつまでも美しい姿のままでいることに嫉妬するようになったと。そしたら、そんな彼の心と悪魔がリンクしてしまって、それにより彼の魂が彼の肖像画に乗り移ってしまう。それ故に、不思議なことに、彼は年をとっても、いつまでも若々しく美しい容姿であったが、その代わりに彼の魂が乗り移った肖像画がどんどん年老いていくという・・ おまけに彼の醜い心の様子も、肖像画に醜い姿となって現れてきた・・・、なんていうとても怖い話が書かれてます

人形や肖像画などなど、人をかたどったものは色々ありますが、陰陽師や祈祷などでもヒト形を使うように、そういったものには何かが宿りやすいのでしょう。

絵描きや絵師という人たちは、最初は対象物の表面的に見えているものを写し取ろうとしているのですが、だんだんと内面の方へと入り込んでいって、そこで観たものを描いているのでしょう。これが人々に感動や共感を呼ぶようなよい作品となって称賛されるということなのですね

飼い主であるドグオ氏が描いたコブ君は、コブ君のにおいや質感までもが漂ってきそうなほどに描かれてしまいました でもって、コブ君を描く前に、友人にお礼でワンコの絵を描いてあげた話もあるので、それはこちらをご覧くださいな。

あ、ちなみに、ドグオ氏は岸田劉生や甲斐庄などのようなデロリ系ではないですよ。あそこまで強烈なデロリにはなれないようです(^_^;)



テーマ : 絵画・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術
2013_12_01


11  « 2013_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top