奈良の飛鳥に山田寺というお寺があります。かつてこのお寺の本尊だった仏像が、12世紀の終わりに、興福寺の三代目の本尊として祀られました。しかし、応永18年(1411年)の火災によって、仏像の胴体は焼失してしまい、首から上の頭だけが残されました。残った頭は、新しく作られた本尊の台座の下に収納されたため、長い年月その存在が忘れられた状態になっていましたが、昭和12年(1937年)の東金堂解体修理により発見されたということです。

普段は興福寺に展示されている仏頭ですが、現在、「国宝興福寺仏頭展」が東京藝大の大学美術館にて開催されており、そこでこの仏頭を見ることができると、昨日のBS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介されていました。

今回の展示では、興福寺でも見られないという360度の全方向から仏頭を観賞できて、また仏頭を取り巻く国宝の十二神将像も勢ぞろいしていて、なかなか面白そうな美術展になっているようです。

その姿に深い傷跡を残す“白鳳の貴公子”と呼ばれる謎多き仏頭。この番組ではその点をどんな風に説明するのかな?と思いながら見ていると、「飛鳥の山田寺からお連れして、その後火災にあって仏像が壊れて、そして、その後、昭和になって新しい本尊の台座の下から発見された・・・」と、こんな感じに説明しているだけで、数奇な運命の部分についての突っ込みがイマイチでしたね。まあ、さすがにテレビでは言いにくい点もあるかなとは思いますが…(^_^;)

250px-Buddha_Head_Yamadadera.jpg
<ウィキペディアより>

さて、この仏頭には、数奇な運命に関わる因縁話が潜んでいるといわれています。先頭で簡単に説明したものが一般に言われている内容ですが、では、どんな因縁話があるのでしょうか。

山田寺は、7世紀半ば頃、蘇我入鹿の従兄弟にあたる、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわのまろ)の邸宅のそばに作られた寺院で、石川麻呂の自害後に完成しました。現在は山田寺跡となっており、往時の姿はなくなっていますが、かつては大きな伽藍や塔を持つ、荘厳な寺院だったようです。

やがて、興福寺の末寺となり、藤原氏の私有物となってしまいました。文治3年(1187年)、興福寺の僧兵が山田寺に押し込み、無断で本尊の丈六三尊像を持ち去りました。そして、この持ち去られた仏像が興福寺の本尊となり、その後の興福寺の火事により胴体を焼失し、仏頭だけが残りました。

山田寺創建の発願者の石川麻呂は、蘇我入鹿の従兄弟にあたりますが、大化の改新・乙巳の変(いっしのへん)で、自身も蘇我一族でありながら、蘇我を裏切り、蘇我入鹿の暗殺に加担した・・・、ということを歴史で習った記憶があるかと思います。

入鹿暗殺を目論んでいた中大兄皇子と中臣鎌足は、蘇我宗家の内部の亀裂を利用する目的で、蘇我氏傍系の石川麻呂を引きずり込んだということです。その結束として、石川麻呂の次女の遠智娘(おちのいらつめ)が中大兄皇子の元に嫁ぎました。この娘が持統天皇や大田皇女(おおたのひめみこ)の生母です。

系図001

石川麻呂は、蘇我氏宗家を裏切った褒美として、大化改新政府から右大臣を与えられました。ところが、わずか4年後、異母弟の蘇我日向に、「中大兄皇子を暗殺し、謀反を起こそうとしている」と密告され、妻子らとともに、造営中の山田寺で自害。しかし、この事件は、どうも中大兄皇子や中臣鎌足の陰謀だったようです。

石川麻呂が自害した後、二田塩(ふたつたのしお)という人物が、すでに冷たくなっていた石川麻呂の首を切り、肉を切り裂いた。そして、遠智娘は、夫である中大兄皇子に父を殺されたことを悲しみ、無残な仕打ちをした二田塩の「塩」の名を恨み、発狂して亡くなったといわれています。

発狂して死ぬなんて、よほどのことあったのではないかと思ってしまいますが、そうなんです、この「塩」の名を恨み発狂したという話は、人物の「塩」のことを言っているのではなく、石川麻呂の首を塩漬けの「スシ」状態にしたことを言っているのではないかということが、関裕二氏の「蘇我氏の正体」に書かれていました。

生首を塩漬けにするというのは、百済の方の風習で、それを知っていた中臣鎌足が、中大兄皇子に入れ知恵をし、石川麻呂の首を塩漬けにして戦利品として持ちかえらせたのではないかと。そして、それを見せられた娘の遠智娘は、父の「塩」まみれの変わり果てた姿に恐怖し、発狂したのではないか・・・

その後、山田寺は、石川麻呂の孫にあたる鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ・後の持統天皇)や天武天皇の援助によって造営され、天武14年(685年)3月25日、本尊の丈六仏(丈六三尊像・現在の仏頭)の開眼が行われました。これはちょうど石川麻呂の三十七回忌にあたるので、非業の死を遂げた石川麻呂の追善だったのではないかということです。

「塩漬けのスシ」にされた石川麻呂の生首と、火災にあって仏頭だけが残り、何百年も忘れられたまま塩漬けにされ、現代に蘇ったということが、なにやら因縁めいた話に思えてきますね。

ちなみにですね、この仏頭のお顔は、中日ドラゴンズの田島選手にそっくりです


250px-Buddha_Head_Yamadadera.jpg tajima001.jpg
<写真並べてみました

落合GM、谷繁新監督の元、来年は面白い試合が見れそうかな~



スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
2013_10_26


長い間ご無沙汰しておりました(^^)

なんだかんだとちょいと人間不信になるようなことなどがありまして、ブログ記事の見直しなどをしておりました。最近になってやっとボチボチ、ノソノソとまたブログを書いていこうかなと思う心境になりました。ったく、人んチのHPの文言やブログの内容をパクって、さも自分の文書のように振舞うってどうよ?人を騙すような行為をして情報取るだけ取ったらウチらのことには触れたくないって?治療やヒーリングを職業にする人なのにこんなことが平気でできるなんて・・・・?ふ~ん。

そんなこんなでちょっと愚痴ってしまいましたが(すみません、これくらいは愚痴らせてください)、またよろしくお願いします

さて、8月の終わり頃。友人の家に遊びに行ったついでに、設楽町の小鷹神社へ立ち寄ってみました。

ここも南朝伝説のある場所で、この神社には南朝皇子の「護良親王」が祀られています。

20131001_160656.jpg

20131001_160718.jpg

護良親王という方は、後醍醐天皇の皇子で、第二宮、大塔宮とも称される方で、後醍醐天皇が隠岐に流されている間、倒幕運動の一番の功労者でありました。しかし、後醍醐天皇の側室の阿野廉子に疎まれて、鎌倉にて幽閉され殺害されてしまったという、南朝で一番最初の悲劇の方です。

ところがですね、南朝研究の藤原石山氏らによると、愛知県設楽町の小鷹神社の祭神は、「護良親王」ではなく、「守永親王」ではないかということなのです。

守永親王は、後醍醐天皇の第一皇子の尊良親王の皇子ですが、後醍醐天皇の正式な後継者であった父・尊良親王が亡くなってしまったために、その後を継ぐべく後醍醐天皇が猶子(養子)にし、南朝の正統の天皇「興国天皇」になられた方です。ちなみに父・尊良親王は「東山天皇」であります。

*藤原氏の説によると、北朝の目をあざむき、正式な系統を守るために、南朝には正統と副統が存在し、歴史書に登場する南朝天皇は副統であって、それとは別に正式な天皇の系統が密かに存在したという。守永親王は裏に隠された正式な系統の天皇だと解説している。

そして、隠語のような物として、父・尊良親王を「大鷹、大高」と現わすのに対し、息子である守永親王を「小鷹、小高」という別称、符号があるという点、そして、鎌倉で亡くなった護良親王が三河地方に来たとは考えにくいことから、設楽町の小鷹神社の祭神は、「護良親王」ではなく「守永親王」でないかと推理しています。

20131001_160747.jpg

この石碑の背後の山に小鷹神社の奥宮があり、ここから遥拝できるようになっています。奥宮には、鉄の弓がおさめられているという話で、女人禁制なんだそうです。

さて、「小鷹、小高」が別称、符号になっているという点で、ちょっと引っかかったのが、菟足神社の祭礼に関わる、いけにえ伝説の「こだが橋」。

この伝説では、祭りの朝一番に橋を渡った娘をいけにえにするために、橋で待っていると、そこに現れたのは自分の娘であった。どうしたものかと悩んだ父であったが、「子だが仕方ない」と諦め、娘をいけにえにした。ここから「こだが橋」と名付けられたとなっています。

ここでいう「こだが」は、「小鷹」から来ているのかもしれないという疑問がわいてきました。

菟足神社周辺に残されている数々の南朝関連の伝承を考えてみると、いけにえ伝説は、天皇の身代わりになった皇女から来ているのかもしれないとも思えるし、菟足神社のいけにえの風習をみてうんざりしたという大江定基ですが、豊川市音羽の萩に隠棲していた南朝皇子を山口県萩のあたりにかくまったのは大江氏だというし・・・。

また、探ってみよう~(^^)



テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
2013_10_04


09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top