2011年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


w-yukiusa.jpg



さて、今回は、先日のブログ「北緯34度47分、神仏のリレーション その1」の続きです。

前回は北緯34度47分の東西の直線ライン上にある神社などをご紹介しました。今回は、範囲を広げて、穂の国、そして、愛知一円でみていきたいと思います。

まず、砥鹿神社里宮を中心した「穂の国」をみていきましょう。

なぜ砥鹿神社里宮が中心になったかというと、前回ご紹介した浪ノ上稲荷は、本宮山と石巻山を遥拝する場所だったということで、そこから本宮山に向けて、直線を引いてみたところ、砥鹿神社の里宮を通ることが分かりました。

砥鹿神社里宮と本宮山の距離、砥鹿神社里宮と浪ノ上稲荷の距離を見ると、ほぼ等しいことから、本宮山と浪ノ上稲荷を結んだ真ん中に砥鹿神社が来るということなのです。

そして、これらは南北で直線に並びます。

次に、砥鹿神社里宮を中心として、東西の直線ラインを引きます。そして、本宮山から斜め30度のラインを引きます。東西ラインと本宮山からの斜め30度ラインの交差する位置をみてみると、南西方向の30度ラインには宮路山があり、このラインを二分した位置には、観音山、財賀寺があります。

東南方向の30度ラインには、金山という山、そして、このラインを二分した位置には、摩訶戸神社(まかごじんじゃ)・摩訶戸古墳があります。

宮路山と金山は、東西の直線ラインになりますが、このライン上には照山があります。照山は、砥鹿神社里宮から真東の位置になります。

以上をまとめると、砥鹿神社里宮を中心にした、東西南北の位置に、本宮山~宮路山~金山~浪ノ上があり、これらが砥鹿神社里宮を中心にダイヤモンドを形成するということです。

そして、石巻山と御津山という重要な山があるのですが、この山は、このダイヤモンドのラインからはちょっと外れているのです。でも、そこには何か規則性があるんじゃないかと思い、石巻山、御津山、本宮山を結んでみると、正三角形が出来上がるのです。

で、この正三角形の石巻山~本宮山を結ぶ一辺上に、照山があって、照山と御津山を結んでみると、正三角形をちょうど二分し、直角三角形が二つ出来上がります。照山は、石巻山~本宮山を結ぶ一辺を、ちょうど二分する位置にあるということになります。

図で示すとこんな感じです。本宮山が北です。

daiyamondo002_80001.jpg


図を見ていただくと分かりますが、このような綺麗なダイヤモンドが出来上がります。そして、これらのライン上には、神社や遺跡などが配されているのです。

ちなみに、斜め30度のラインがなぜ重要かというと、これは、冬至夏至の日出日没の角度で(厳密には緯度によって若干違ってきますが)、たとえば、本宮山から宮路山の方向が冬至の日没で、逆に、宮路山から本宮山の方向が夏至の日出になるといった具合です。ダイヤモンドのライン上に、石巻神社がありますが、石巻神社から冬至の日没のライン上に、我が整体院があります。ってことは、整体院からみて、石巻神社は夏至の日出の方角ってことになりますね。ややこしいかな~ ^_^;

神社や遺跡は、山や太陽の位置をみて作ることができますが、山というのは、自然にそこにあるものなので、この位置関係で山が並んでいるというのは、ちょっと不思議な気がします。人工的(ピラミッド?)に作ったとかいう説もありますが・・・

そして、砥鹿神社里宮から北西方向(図では左斜め上)に、犬頭神社があります。ここは機織りに関係する神社です。この犬頭神社から南に直線を引いてみると、このライン上に瓜郷遺跡、下地の水神社(豊田佐吉がお参りしていた神社)、羽田八幡宮、そして、我が整体院が並ぶのです。面白いことに、整体院のすぐ北側に、かつて「子供を産むならここの産院」と言われたくらいに流行った産婦人科がありました(今は先生が亡くなられたので廃院となりました)。この図をみてみると、産院の真北に犬頭神社があることから、「犬=安産」のエネルギーの流れがあって、この産院が賑わっていたのかもしれないな、なんて勝手な憶測をしてしまいました。ちなみにモ吉も戌年です。ワン

さて、今度はもうちょっと範囲を広げて、愛知県一円でみてみましょう。

sankaku_aiti002.jpg


今までは、本宮山、石巻山を見てみましたが、今度は、三河の三霊山と言われる鳳来寺山を軸にみてみたいと思います。

図にすると上記のような感じになります。

鳳来寺山の真東には、秋葉信仰の聖地である秋葉山があります。そして、鳳来寺山から冬至の日没の方向に、本宮山と羽豆神社があります。

さらに、夏至の日没の方向に(北西に30度のライン)、猿投神社、小牧山があります。猿投神社から、南北のラインを引き、そして、鳳来寺山~秋葉山の東西ラインの交わる地点に、岡崎の大樹寺があります。

ここに着目してみると、何が見えてくるのかというと、徳川家康のパワーラインが見え隠れしているように思います

鳳来寺山の縁起話の中に、家康の母、於大の方が、子授け祈願に霊験あらたかな鳳来寺山を参拝したところ、家康が生まれたという話があります。

その鳳来寺山と大樹寺は東西ぴったりのラインで並んでいて、しかも、岡崎城は、大樹寺の真南に作られています。ここから窺えることは、家康は、秋葉山から始まる修験道のパワーを鳳来寺山経由で、受け取って使っているんではないか・・・?ということです。

もっと面白いことに、鳳来寺山から夏至の日没になる小牧山も、豊臣秀吉と徳川家康が戦い(小牧長久手の戦い)で、家康は勝利し、ここでの戦が後の天下取りへの大きな布石になっています。ここでもパワー使ったかな(^_^;)?

先ほどの「穂の国ダイヤモンド」もこの本宮山経由で鳳来寺山のパワーを受け取って、穂の国へネットワークさせていると思えてきて、ひょっとして、このパワーの流れには、天下を統一するほどの大きな力が秘められているんじゃないかと・・・( ̄▽ ̄;)

ちなみに、徳川家康は、修験道の力をよく知っていて、これを使ったり、逆に恐れたりして、江戸時代に入ってから、修験者に対して規制弾圧を加えたようです

さて、現代において面白いことに、このパワーを密かに使っているんじゃないかと思われる企業があります。それはT社ですが、このラインにある猿投神社に行くと、T社およびT社関連企業が奉納した左鎌を多数みることができます。

参考までに、猿投神社の左鎌というのは、猿投神社のご祭神が、日本武尊の双子の兄弟の兄の大碓命(おおうすのみこと)で、この方が左利きだったということから、左鎌が奉納されているということです。

徳川家が300年近くも続いたことやT社の繁栄などをみると、東三河の聖地のパワーって凄いのかもしれない・・・、なんて我田引水的に考えたくなってきてしまいます

一度皆さんも、訪れてみてはいかがでしょうか。でも、雰囲気的には、ちょいとそっけない感じですので、あしからず・・・(^_^;)


houraijisan.jpg
↑鳳来寺山。


kentoujinja.jpg
↑豊川市千両の犬頭神社。かつては繊維関係の方が大勢お参りに来ていたと、近所のおばあさんが話していました。


akibajinja002.jpg
↑秋葉山。金ピカの鳥居が眩しい~ 遠州灘が絶景です!


daijuji.jpg
↑岡崎市、大樹寺。男が山門の前に立ちはだかっていてすんません 岡崎城は、大樹寺の真南に位置し、この山門の真ん中に岡崎城を眺めることができます。そういう風に作ったそうですよ。


sanagejinja.jpg
↑猿投神社の左鎌。


sanage_kama.jpg
↑左鎌が奉納されています。T社系企業の名前がドッサリみえる・・・






スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術
2011_01_10


12  « 2011_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top