年に2回、6月と12月の晦日(6月30日と12月31日)に行われる「知らずに犯してしまった罪や心身の穢れを祓い清める除災行事」のことで、6月の大祓は「夏越の祓」、12月の大祓は「年越しの祓」と呼ばれ、全国各地の神社で行われています。701年の大宝律令によって宮中の正式行事として定められて以降、一時的に途絶えながらも、行われてきています。

ということで、来る6月30日は夏越の大祓の日です。

6月30日の夏越の大祓は、一年のちょうど半分の区切りの時期に、お祓いをして罪穢れを清め、これから迎える暑い夏を元気に健やかに過ごしましょうといった意味も込められているようです。

また、夏越の大祓では、多くの神社で茅の輪くぐりを行うことから、茅の輪祭りとも呼ばれ、このお祭りが終わると夏が到来するといった風物詩ともなっています。

私は茅の輪くぐりの行事の経験がないんですが、モ吉は「夕方、近所の神社へ茅の輪くぐりに行くと、チガヤをくれたよ」と、幼き頃の思い出を語っておりました
*チガヤは頭に巻くと頭がよくなるといういわれがあるそうです。

神社の拝殿の前に置かれる茅(かや)と葦(あし)で作った大きな輪、これが茅の輪です。これを「水無月の 夏越しのはらいする人は 千歳のいのち のぶといふなり」という歌を唱えながら、左右左と8の字を書くようにくぐることにより、疫病、罪、穢れが払われるといわれていますが、この輪の由来は「蘇民将来(そみんしょうらい)」の伝説からきているようです。

蘇民将来の伝説を簡単に説明すると・・・、

「スサノウノミコトは、旅の途中、一夜の宿をある兄弟に頼んだのですが、裕福でちょいと意地悪な弟の巨旦将来(こたんしょうらい)は、貧しそうな身なりのスサノウノミコトをみて「ウチは貧しいから泊めてあげられない」とあっさりと断ったのですが、貧しい兄の蘇民将来は「ウチは汚いけど泊まってってください」と快く招き、親切にもてなしてくれたのです。

これを喜んだスサノウノミコトは「疫病が流行ったら、茅の輪を作って門にかけるがよい」と言い残して旅立ちました。

その後、疫病が大流行。茅の輪を門にかけた蘇民将来一家は助かり、巨旦将来一家は滅んでしまいました」


代表的な話としてはこんな感じですが、スサノウノミコトは悪いことを祓う神様ということで、茅の輪、注連縄、八坂神社のちまき・・・などの由来ともなっているようです。ちなみに、小坂井町の篠束神社に蘇民将来がお祀りされています。

さて、この大祓ですが、前回ご紹介しました「大祓詞」を覚えているでしょうか?

夏越の大祓では、この「大祓詞」があげられます。

大祓いの中に登場する三女神さま+もう一人の神様・気吹戸主(いぶきどぬし)の祓戸四神(はらえどよんしん)が穢れを、洗い流し、飲み込み、底の底へと深く沈めて、浄化させてくれるのです。

瀬織津姫の偉大なる祓いのお力で、知らず知らずに犯してしまった罪を祓っていただけるという有り難い神事。お近くの神社へお出かけして、瀬織津姫のパワーを感じてみてはいかがでしょうか

私たちの近所では、熱田神宮、砥鹿神社、牟呂八幡社、わくぐり神社、賀茂神社、菟足神社などで夏越の大祓が行われるようです。尾張一宮の真清田神社では結構盛大に行われているようです。行事の時間は神社によって違うので、調べてからお出かけ下さいな~


murohati-wa001.jpg

↑近所の牟呂八幡社の茅の輪です。


murohati-wa002.jpg


murohati-wa003.jpg


murohati-wa4.jpg

↑おまけ。牟呂八幡社の水神社。

また、茅の輪に左右に笹竹を立てて、そこにお願い事の短冊を付け、七夕に河川に流すといったことも行われるようで、こんな所からも垣間見えてくる「瀬織津姫~七夕~機織り~養蚕~水」といったキーワードが頭の中をグルグル駆け巡っている私たちなのでした







スポンサーサイト
テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2010_06_28


前回のお話は、封印された神々を探り、レイキと甕星との関係について語ってみました。

さて、今回は、もう一つの封印された神、瀬織津姫のご紹介です。

瀬織津姫とは、古事記や日本書紀には登場しない神様ですが、大祓の祝詞の中に「瀬織津姫(セオリツヒメ)、速秋津姫(ハヤアキツヒメ)、速佐須良姫(ハヤサスラヒメ)」の三女神として登場してきます。

祝詞の意味は「人々の穢れを、急流の流れに乗せて大海原にまで持ち出してくれ、大海原がその穢れを飲み込んで海底深くに沈めてくれる。そして、深い深い底の国に沈められた穢れを跡形もなく消滅してくださる・・・」簡単に言うとこんな意味になるのですが、ここに登場するのが、この三女神さんたちで「急流の流れ=瀬織津姫」「大海原で飲み込む=速秋津姫」「深い底の国で跡形もなく消滅=速佐須良姫」こんな役割分担になっているのです。大祓の中には名前が残されている三女神さんですが、その後、瀬織津姫という名に習合していきます。

瀬織津姫さんたちは、大祓を読んでみると、穢れを祓い清めてくれる有り難い神様ということになるのですが、別名では、八十禍津日神(やそまがつひのかみ)とか大禍津日神(おおまがつひのかみ)とも呼ばれ、こちらの名前ではあまりいい意味になってこないのですね。「禍(わざわい)」という字がつけられて、悪い神様扱いになっています。

また、一霊四魂の考え方に照らしてみると、荒魂、和魂、幸魂、奇魂の四つの魂が正しく働くことを「直霊(なほひ)」といい、正しく働かないことを「曲霊(まがつひ)」というのですが、一霊四魂でも「まがつひ」はマイナス面を表すこととされていますね。

人々の穢れを取り除いてくれるほどの力を持った神様である半面、「まがつひ」だなんて名前を背負わされてしまった瀬織津姫さんたちって、本当に悪い神様だったのでしょうか?また、どうして「まがつひ」扱いになってしまったのでしょうか?という謎が出てきます。

兵庫県西宮市の廣田神社。旧官幣大社という格式の高い神社で、ここの御祭神は「天照大御神荒御魂(あまてらすおおみかみのあらみたま)」です。別名「撞賢木巌之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)」と言われているのですが、実はこれが、瀬織津姫の別名と言われているのです。あれ~?「まがつひ」の神なのに、格式高い神社にいらっしゃるとは・・・?と突っ込みを入れたくなりますね(^_^;)

撞賢木巌之御魂天疎向津媛命、天照大御神の荒魂、市杵島姫(いちきしまひめ)、罔象女神(みずはのめのかみ)、天甕津姫(あめのみかつひめ)、弁財天、天白神、伊豆神、桜姫、織姫etc・・・、東北地方ではオシラサマと言った名前が瀬織津姫の別名と言われ、こういった名前に変えて、お祀りされている(残されている)ようです。

このように、瀬織津姫という名が公に表されていない神社が多いのですが、調べてみると様々な所に、また身近な所にも秘せられた形で祀られているのを発見できるのです。ということは、古来より、人々に大切にされ、重要視されてきた神様だったのだなと考えられますね。

瀬織津姫というのは、水の属性を持ち、滝、川、泉などの水辺近くに水神として祀られたり、農業、養蚕に縁のある所では、天白社としてお祀りされていることが多いようです。

伊勢神宮の成立に関して、持統天皇の時代に女帝を象徴するものとして、元々は男神だった神様がアマテラス(天照大御神)という女神に名を変えられました。そして、男神と一対(ペア)で祀られていた瀬織津姫は、抹殺されることとなり、古より、人々に大切にされてきた水を司る神様は、意図的に隠されることになってしまったようです。

天照大御神という女神を成立させ、瀬織津姫を追放した・・・、さすがに、ちょっと、うしろめたさを感じますよね。そうなんですね、このうしろめたさが「祟り=悪い神=荒ぶる神=まがつひの神」という構図を生み「瀬織津姫=悪神」となってしまったようです。なので、神社によっては「荒魂」とか、摂社という形にして、祟りを鎮めるような形にしてお祀りしているようですね。

祟りなんて聞くと怖いのですが「毒をもって、毒を制す」という言葉があるように、瀬織津姫の荒ぶる面にはかなり強い力があるようです。しかし、その反面、穢れを祓い浄化する力も物凄いものがあるということなんですね。そんなお力を持った神様が、名を変えて、密やかに、民間の中でずっとお祀りされてきたのでした。

さて、私たちのホームグラウンドの豊橋市で瀬織津姫を祀る神社ですが、豊川の河口近くの川べりの下地町(しもじちょう)とその対岸の三ツ相町(みつあいちょう)に、その名もズバリの「水神社」があるのです。

豊川の堤防を自転車で突っ走って、ちょいと散策してきました~


mizujinja002.jpg


mizujinja001.jpg


↑下地町の水神社。数年前は荒れたお社だったそうですが、今はとても綺麗になっています。




mizujinja003.jpg


mizujinja004.jpg


shorijo001.jpg


↑三ツ相町の水神社は、境内地も大きく、ここも綺麗にされています。なんと、この神社のすぐお隣は、豊橋市の浄水場の施設があり、まさに瀬織津姫三姉妹のお仕事を、そのままやっている状態になっています 偶然だったとしても、すごいですね

では、ここで下地町の水神社にまつわるお話を一つ。

世界のトヨタの創始者をご存知でしょうか?確か、小学校で習ったんではないかと思いますが(ひょっとして地元だけかな~?)、豊田佐吉ですね。

豊田佐吉は静岡県湖西市の出身ですが、20代の数年間、豊橋市で大工と機織りの修行をしていたそうです。機織りの修行場所は下地(下五井町)で、下地の建具屋さんに協力してもらって機織り機の研究や開発をしたという話も残っているようです。その後、豊田佐吉は刈谷に出て、織機会社を興し、そして、トヨタ自動車へと発展していくのですが、その修業時代に、豊田佐吉がかかさずにお参りしていたのが、下地町の水神社だとのこと。「豊田佐吉がお参りしていたから出世や成功の神様ね!」と考えるのは安直かと思いますが、瀬織津姫が機織りにも関係する神様ということで、大切にされていたのだと思います。

もう一つ、水のおまけ。

aitinomizu001.jpg

愛知県企業庁がPR用につくっている「愛知の水」なんてものがあるんですよ。お水がおいしい愛知県ってことをPRしているみたいです。「豊川の水は、いつも上位にくるくらい、いい水なんだよ~」と、水道小役人(by弟)が言っておりました。瀬織津姫さん、頑張ってるね~





テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2010_06_13


05  « 2010_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top