お久しぶりのブログ更新となりました

2月になって、パソコンを2回も初期化する羽目になってヘロヘロになってました。で、やっとブログが更新できそうだな~と思ったら、親戚のお葬式・・・。おまけに葬式で食べすぎて、身体が重い&口元は吹き出物状態ですが、なんとか身辺が落ち着いたかなってことで、節分伊勢めぐりのお話とまいりましょ~(^^)

2月3日は節分でしたね。ちょうどお休みと重なったということで、3年ぶりに伊勢へと行ってみることにしました。

今回は、伊勢神宮だけではなく、ちょっと離れた場所にある伊勢神宮の別宮「瀧原宮」へも行ってみようということで、フェリーに車を積んでお出かけしてきました。

自宅からフェリー乗り場の伊良湖岬までは約1時間。そして、伊良湖岬から鳥羽港までは約50分です。

朝8時10分のフェリーに乗って、いざ出発。この日は風が強く、とても寒い日となりましたが、以前伊勢に行った時は、吹雪や大雨という超悪天候だったので、それと比べたら、晴れてて、上等、上等~


fune004.jpg

*神島です。朝日でキラキラした海がまぶしい~


fune003.jpg

*神島をバックに記念撮影(恥ずかしいので顔は隠してます)。ゲゲッ妖怪アンテナが・・・。


コーヒーを飲んだり、フェリーの中をウロウロしていたら、あっという間に鳥羽に到着。

さて、ここからは車で瀧原まで移動です。

瀧原宮は、熊野古道の入り口に位置するということで、内陸の山間にあります。伊勢自動車道から紀勢自動車道に入り、大宮大台インターで降りて10分ほどのところにありますので、地理的には分かりやすいところです。鳥羽からは車で1時間くらいですね。


takihara002.jpg

瀧原宮の入り口の鳥居。鳥居の真ん中あたりに、何やらがまた写ってました。

節分なので、参拝する人で賑わっているのかしら?と思っていたのですが、私たちが到着した時には誰もいなくて、「あれっ~?!」って感じでした。

その後、ボチボチと参拝者が訪れていましたが、伊勢参りに来ても、この山の中のお宮まで、足を延ばす人は少ないのでしょうか。

瀧原宮というのは、伊勢神宮内宮の別宮で「大神の遙宮(おおかみのとおのみや)」ともいわれています。

天照大神は、伊勢神宮内宮の地に落ち着くまでに、アチコチを転々としたといわれていて、その場所のことを元伊勢と呼ぶんですね。この瀧原宮もその一つといわれています。

第十一代垂仁天皇の皇女倭姫命(やまとひめのみこと)が、天照大神の御使いとして、ご鎮座の地を求めて、瀧原に宮をお造りになり、その後のご神託により、今の伊勢神宮内宮に鎮座することになったというのが定説となっていますが、実際はどうなんでしょうね(^_^;)

また、この瀧原の地は、中央構造線上にあるといわれています。愛知県新城市の百間滝と断層で繋がっているんだね~


takihara003.jpg

takihara004.jpg

伊勢神宮関係は、どこへ行っても全く同じお社の様式なので、立て札がないと名前がわかりませんね(^_^;)



木立の中を歩いて行くと、その奥に宮が佇んでます。自然の音しか聞こえてこないようなとても静かで気持ちのいい場所です・・・が、財布を車の中に忘れたコブメロは(Oh!my god~!)、この木立の中を全速力で往復 ゼイゼイ・・・、汗だく・・・


訪れた場所の気に触れたいということで、大木から気を感じてみました。なかなか感覚が来ないな~と思っていたら、突然、ビョンと飛び跳ねるような波動が来て、面白かったです。お初の感覚でした。この感覚にどんな意味があるのかは知りませんが、どこかで気の交流が行われていたり、意識が広がったりしてるんだろうなってことで、ヨシとしましょ~

参拝者が少ないといいましたが、これは逆に人の気に荒らされていないということでもある・・・。大切にしなくてはいけないですね。こんな清々しく気持ちのいい場所を感じてみたい人は、一人二人でひっそりと訪れてみるのがよさそうですよ。


takihara005.jpg

瀧原宮のお隣に、小学校と保育園がありました。校庭の上に空が広がっているのどかな風景は、ちょっといい感じでしょ☆


takihara006.jpg

*最近は見かけなくなってしまった二宮金次郎像。

さて、瀧原宮を後にして、伊勢市へとまた戻り、外宮~内宮へと向かうことに。この続きはまた次回・・・(*^_^*)



スポンサーサイト
テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2010_02_21


01  « 2010_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top