そして、絆創膏がマジであと僅かとなってしまったため、次の週も出かけてしまいました~ 羅琉 満足 

この日はなぜか水汲みに訪れている人が多く、水汲み場には数台の車が順番待ち。

ということで、水汲みは後にすることにして、先に滝へ降りて行きエネルギーを採取することにしました。前の週には気がつかなかったのですが、ワンカップ大関の蓋みたいな丸い金属に「氣」と赤い字で書かれ、その下にマジックで何やらの数字が書いてあるプレートがところどころにあることに目が留まりました 

「何だ、コレ?」と思いつつ、滝まで下りて行きました。この日は方位磁石を持ってきたので、滝壷付近で磁石を振ってみると、自分たちが立っている側の岩場が北を示しています。そして、よ~く滝壺の中を見てみると、北側の岩場が白っぽく、南側の岩は黒っぽい色をしているのです。これが滝壺に断層が見えるってことなんですかねぇ? 今、地球の割れ目に立っているのか~、なんて考えたら、なんだか感激しちゃいますねすたぁ

↓ 滝とその説明看板

taki004.jpg

taki08.jpg


身体の方は先週ほどは熱くなりませんでしたが、手はピリピリしてました。

んで、大量に持ってきた絆創膏やMDにエネルギーを封入し、水汲み場へみずたまこ

水汲み場にはもう誰もいなくなっており、「ラッキーおんぷ2つ」と思いつつ、ちょっと離れたところに止めておいた車を取りに行っていたら、その隙に新たな団体が水汲みをしていました~顔 

大量に水汲みをしている人たちは、浜松方面から来た気功の集団のようでした。中国人から気功を習っているというオジサンが、湧水の岩場に手をかざして「ここから気が出ている」と説明をしていたので、ドグオ氏も一緒になってやってました(^_^;) すると、気に詳しいオジサンは、気の強いところに数値が書いてあるといって「ワンカップ大関の蓋みたいな丸い金属」を指さしました。

「ああ~!あれって、そういうことだったの~豆電球」と金属のプレートを見に行くと「氣 0.107」と書いてあり、この数値が磁場の力を示しているということが分かりました。おお~、気功のオジサンありがとう~ラッブラブ

↓ 氣のプレート 光ってしまって数値が読めないですm(__)m しかし、誰が取り付けたんでしょね?

taki003.jpg


マジックで数字が書かれているせいか、薄くなって読めない数字もありますが、プレートの数値はとか「0.107」と書かれているようです。他の場所にあったプレートにも「0.1**」とか書いてありました。

これが磁場の力を示しているということであれば、なんだか数値が小さいように思うのですが、以前、エネルギーの師匠から聞いた「人体にいい影響を与える磁力は0・6ガウス以下だ。通常の磁石では強すぎる」なんて話を思い出しました。もし「0.1**」とかいう数字がガウスを現わすものだとしたら(仮説ですが)、ホントにこれくらいの磁力パワーで身体にはいいんだってことなんでしょうね。


↓ 水汲み場。

taki002.jpg


↓ 水汲み場の道路を隔てたガードレールから撮影。滝壷が真下に見えます。ガードレールの少し下にある山道にもプレートが貼ってありました。自分たちはここが一番気持ちいいな~って感じました芽

taki001.jpg


滝壷から水汲み場まではほぼ直線でつながるんですが、ここが断層の分かれ目としたら、ちょうど分かれ目付近の岩の間から水が湧き出ているってことなんでしょうか。

せっかく汲んできた水なので、メロン猫にも飲んでもらおうと用意してあげたのに、メロンは風呂場の洗面器の水ばかりを飲んでいる・・・neko

風呂の残り湯の方が美味いってか? もう、メロチンったら。。。羅琉 泣き





スポンサーサイト
テーマ : 癒し・ヒーリング    ジャンル : 心と身体
2009_06_05


05  « 2009_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top