「0(ゼロ)磁場」というのはご存知でしょうか?聞いたことがある方、すでにご存じで行かれたことのある方もいらっしゃると思いますが、有名なのが長野県の分杭峠ですね。

ゼロ磁場とは、簡単にいうと「磁力がぶつかりあっていて気のエネルギーが非常に高まっている地点」です。

もう少し詳しく説明をすると、地球は北極がN、南極がSという巨大な「磁石の球」となっています。この二つのエネルギーが向き合うと、本来発生するはずのエネルギーが打ち消しあって「ゼロ」になってしまう場所がゼロ磁場です。

たとえて言うと、力士同士がガッツリと四つに組んで満身の力を込めて押しあっている状態、または、コマがバランスよく回転している状態で、力士もコマも見かけはピタッと止まっているかのように見えますが、実はどちらも猛烈な運動をして大きなエネルギーを発生させているというわけなんですね。

そして、そういった「場」には、「気」が発生したり、集まったりして「気の場」が生まれるということなのだそうです

さて、N極とS極がぶつかり合う場所ってどんな場所なんでしょう?

それが中央構造線といわれる断層です。

中央構造線は、関東から九州へ西南日本を縦断する大断層系です。大ざっぱですが、東の端は鹿島灘の辺りで、ここから長野県の諏訪湖付近 → 諏訪湖からおおよそ天竜川沿いに愛知県新城市~渥美半島 → 海を渡って三重県の二見浦 → 紀伊半島中央部を東西に横断 → 和歌山市から紀淡海峡 → 四国では徳島市~吉野川北岸~三好市~新居浜~佐多岬~豊予海峡 → 九州に入り、阿蘇の辺りにつながっていきます。

2009021104.gif


巨大な磁石の地表で二つの地層がぶつかり合う中央構造線の分杭峠は、まさに「ゼロ磁場」であるということで、昨今の人気パワースポットとなっているようです。何年か前のTV番組「ビートたけしのアンビリバボ」でも紹介されていましたね 効能としては、病気や怪我がよくなったとか、健康になった、浄化された、瞑想にいいとか・・・、色々とあるようです。

さて、ゼロ磁場の前置きはこれくらいにして、前々からゼロ磁場に行ってみたい~と思いつつもなかなか行くことができなかったのですが、やっと行くことができました~。といっても、長野県の分杭峠ではありません。

ナントすぐ近所にあったんですよ~。ゼロ磁場が~(^◇^)

先ほど説明した中央構造線のルートを見ていただくと分かるんですが、豊橋の近所にモロ中央構造線が走っているんですよね。数年前、ある団体のエネルギー探索ツアーに誘われた友人T氏が、「俺は行かなかったけど、近くにいいパワースポットがあるんだぞ。地図あるぞ」と教えてくれ、初めて知った場所なのです。今の今まで全く知らなかったとは、灯台もと暗し・・・sc04

その場所は、新城市鳳来町にある百間滝という場所です。阿寺の七滝からさらに山道を進んでいくとある滝で、すぐ近くには大島ダムや秋葉ゴルフ倶楽部があります。

百間滝は愛知県一の大きい滝で、その滝壷にはモロ中央構造線の断層が走っているということです。

T氏にもらった地図によると、トンでもない山奥&山道のような感じがあり、ちょっと出かけるのにドキドキしちゃいました。山道で車が横転して亀になるとか、うっそうとした木々に阻まれやしないかと、万が一に備えておんぼろミラ号で出発

ところがそんな心配はなんのその、山道も割とすんなりと通行できて、あっさりと百間滝に到着していまいました~。ヤレヤレ

道路の脇に車を止めて、滝へと続く山道を下っていきます。滝までの距離は短いのですが、急な階段や坂道を下りていくので、結構足腰を使います。

情報によると、滝壷や滝そのものではなく、滝の上の岩場が一番パワーの強いところだということです。ふむふむ、確かに・・・、手の指先がジンジンしっぱなしでした。ヒーリング交流会でエネルギームンムンの部屋にいるみたいな・・・、そんな感覚もありました。

↓ ここが一番パワーの強いといわれる岩場。画面左隅、木にへばりついてしゃがみ込んでいるのはワラシではありませんよ~jas 岩自体のエネルギーの波動はよくわからなかったですが、木は感じることができました。

taki01.jpg


パワースポットでは最低でも30分~1時間くらいは滞在すると効果的で、また何かその場のエネルギーに共鳴させたいものがあれば、一緒に連れていくといいですよ。石とかアクセサリーとか・・・。

さて、さらに岩場を下りていくと滝が見えてきます。この日は天気もよく、新緑もキラキラと輝いていてとってもキレイ その中をしぶきをあげながら滝の水が勢いよく落ちてきて、これもまたまたキレイで気持ちいい~キラ 

↓ 滝の細かいしぶきが、ミストのように辺りに散らばって最高です。マイナスイオンだ~ハート4

taki04.jpg


↓ さらに木にへばりつくの図。最初の波動が強めにグラッときます。震度1~2くらいの地震のような感覚です。岡崎城でもこんな感じだったので、パワースポットの特徴かしら?なんて思ってみたりして・・・。

taki03.jpg


さらに下に降りて行くと、滝壷付近を眺めることができます。滝壺に近づくことができないので、滝壷下にある断層を確認することはできなかったです。

↓ 気高さも感じるような滝の姿ですね。

taki05.jpg


この日は気温がグンと上がって暑かったせいか、はたまた坂道を下ってきたせいか、手のひらが赤くなってポンポンで熱くてたまりません。あちー(汗、汗)

そして、湧水もくめるということで、水の場所へ移動することにしました。水汲み場は、車道の岩肌から出ているので、車道まで坂道を上って戻らなければなりません。

かなりの落差で下ってきたので、やっぱり上りはキツかったです。あまりのキツさにドグオ氏は胸が苦しくなって、息も絶え絶えになっていました。おまけに胸のあたりがチリチリしてきて、「気にあたったかな~(+_+)」なんて言ってました。

やっとのことで、車道に戻りましたが、さすがに私もランチに食べたポテトフライが軽く気持ち悪い・・・、なんて感じになりました。オエッ ̄□ ̄

ドグオ氏はヨロけながら、水汲み場に行って、頭から水をかぶって、水を飲んで、一息。はあ~、やっと落ち着きました。

ドグオ氏は「死ぬかと思った・・・」とマジでやばい状態だったみたいです。気にあたったとかいう話もありますが、ひょっとしたら暑さで熱中症みたいなったのかもしれないですけどね。

水を汲んで、車で一休み。身体の方は落ち着きましたが、相変わらず手のひらや体中が熱くて熱くてたまりません。この熱さはライトボディ瞑想を初めてやった時と同じような感覚なので、やっぱり気の強さにやられたか!?とも思う次第ですが・・・。

あまりに熱いので、この有り余るエネルギー?を使ってスプーン曲げをやってみよう!ということで、チャレンジしてみました。以前、分杭峠で子供たち数人にESPカードをやってもらったら、的中率がアップしたという実験を見たことがあったので、スプーンでもイケるかな~なんてやってみたら・・・羅琉 満足

↓ あいや~、曲がっちゃいました。

takisupun01.jpg


柄の短いスプーンしかなかったので、これはちょっと曲げにくいかな?とも思ったのですが、簡単にイキましたね。

そして、スプーンを2本曲げて、持参した絆創膏に(こんなモンまでしっかりと持ってきましたにやり) この場のエネルギーを封入したら、身体が熱くてポンポンになっていたのが、半分くらい抜けていきました。エネルギーを放出したのがよかったかな~羅琉

しかし、帰ってきてからも数日間は手のひらや身体が熱かったですサ」

絆創膏にもバッチリとエネルギーは封入されたようで、コーヒーのカップにこれを貼って飲んでみたらとても美味しいコーヒーに変化しましたよ~☆ びっくり☆ 調子こいて、整体院へ訪れる人に絆創膏を配りまっくってしまったので、あと数枚しかありましぇ~ん。また行ってこなきゃおためしブルー

中央構造線をたどっていて思ったのですが、諏訪のあたりから静岡県の海に流れる天竜川に沿って中央構造線が走っているようです(竜が天に昇る川だなんて・・・、なんと絶妙なネーミングかしら)。そして、また中央構造線付近には、パワースポットといわれる場所も多く、さらっと見ただけでも、鹿島神宮、諏訪大社、分杭峠、伊勢神宮、瀧原宮、阿蘇山・・・など有名どころが目につきますね。

豊橋から長野県の飯田、諏訪へ走る、飯田線という電車があります。天竜川沿いを走る電車で長閑ないい景色を楽しめます。長野県に山でつながる東三河ですが、豊橋の嵩山(スセ)という地域にある蛇穴は諏訪湖につながっているという伝説もあります。

また、「トホカミエヒタメ」という言葉は、「トの国」「ホの国」「カの国」・・・・、と言うように、古代日本の各地の国名を現わしているという説もあるらしいのですが、それに当てはめてみると、「ホの国」はまさに豊川、豊橋辺りを中心とした東三河地域を指す古い古い国名なんですよね。東三河地区は歴史的に何かありそうな気配がプンプンしていると睨んでいるんですが、あまり重要視されていないせいなのか、無視されてるっぽい感じで、ちょいと残念っすね メソ

TVでも紹介されたことがあるらしい百間滝ですが、あまりメジャーではないお陰で、素敵な場所が荒らされずに済み、その恩恵にあずかれるということでもあるのですね。大事にしよう~、素敵なパワースポット☆

これからの季節、滝は特に気持ちいいと思いますので、みなさんもお出かけくださいませ。GO~おんぷ2つ

参考までに、県道442、県道505のどちらからでも行けますが、案内標識を阿寺の七滝(県道442)方面へ右折せずに、県道505と示された方向へ直進すると山道が楽です絵文字名を入力してください



スポンサーサイト
テーマ : 癒し・ヒーリング    ジャンル : 心と身体
2009_05_30


04  « 2009_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top