先日、お隣の県、静岡県掛川市にある「事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)」に行ってまいりましたzoomzoom001

この神社は少し前に小耳にはさんだ神社で、「願い事が意のままに叶う」とか「神様がレベルアップする」などと言われている神社なんだそうです。「掛川なら近いじゃん!早速行かねば!」と、このクソ暑い中、探索に出かけてきました臂

この神社は、遠州の一宮で正式名称は「式内事任八幡宮」と言います。主祭神は「己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)」。言霊の神様で天児屋命(あめのこやねのみこと)の母神さまです。

歴史はかなり古いようです。枕草子の一節にもこの神社の記述が出ており、その中で全国の霊験あたらかな神社として、畿内の石上神社、三輪神社、生田神社などの大社とならび、都からはるか遠くにある遠江の「ことのまま明神、いとたのもし」、と紹介されています。

翻訳家で有名な山川紘矢さんがイベントをやったり、またコンサートなども開かれたりしているようで、スピ好きの人の中では、よく知られている神社らしいですね。山川さんは事任八幡宮社報に記事も書いていらっしゃいますが、掛川市の高校に通っていたというご縁があるようですよ。

さて、私たちは、浜名バイパス、磐田バイパス、掛川バイパスとドライブをして、事任八幡宮に到着(^^)v

こじんまりとした神社ですが、大木に囲まれた木陰や木漏れ日や風が心地よく、この猛暑を忘れさせてくれるような清涼感を感じるとても気持ちのいい場所でした。

神社内を散策をしていると、「本宮山遥拝所」と書かれた場所がありました。「え?本宮山って、まさか三河の本宮山のことじゃないよね?この辺りにも同じ名前の山があるのかな?」と思っていると、社務所にかけてあるのれんの紋の模様が「三河一宮の砥鹿神社」と同じなんです(亀甲卜紋)。ますます「???」と思い、社務所にいた宮司さんに聞いてみたら、「ことのまま神社のご神体を三河に勧請した」といういわれがあるとの事でした。本宮山というのは、この神社の道路の向かいにある山のことでした。

鳥居の横に注連縄のまかれた大きな楠があります。せっかくだから、「木の根っこからエネルギーを吸い込んでみようか?」と思い、木の前に立って、しばし目を閉じてみました。大地に深く大きく張った根っこからのエネルギーを、足の裏からくみ上げるようにイメージしてみました。しばらくこれを味わっていると、セミの鳴き声が際立ってよく聞こえてきます。「あ~、セミの声がうるさいくらいに聞こえるな~。松尾芭蕉の岩にしみ入るセミの声っていう句の状況はこんな感じなのだろうか・・・?」と考えつつ心地よい風とセミの声に浸っていると、今度はカエルのゲゴケゴいう鳴き声もよく聞こえてきます。「あれ?カエルだ~。すぐそこの田んぼにいるんだ・・・」

「・・・セミとカエルの鳴き声・・・、大木の木陰・・・、風・・・、あ~、これって子供の頃の、夏休みのお昼寝の時の気持ちよさによく似ているな・・・」などと気持ちよさを味わっていましたが、そろそろ目を開けてみようかと思い目を開けると、パッと目に飛び込んできた地面の風景が、一瞬どこなのかが分からなくなり、「私はどこにいたんだっけ?」状態になりました。きっと、この楠の大木が、懐かしいような心地よい夢を見せてくれたんではないかと、ちょっと嬉しい気分になりました

IMGP0157.jpg

宮司さんと少々お話をして、パンフレットをもらい、すぐ近くにある道の駅で「じねんじょ蕎麦」(美味かった~♪)を食べ、遠州灘の太平洋を眺めながら(天気のいい日は絶景ですね~♪)、帰宅しました。

そして、次の日のこと。実は、この2年間何をやっても改善が見られなかった、すごく気がかりなことがあったのですが・・・・・・、それがですね・・・・・・、なんと、呆気なく解決してしまったのです(@_@;) 約2年間、ホントにずっ~~~と、何とかしたいと思い、思い悩んでアレコレ改善策を講じてみたんですよ。ひょっとして?と思われることにはお金もかけて改善してみたんですが、トホホなくらいに何ともならなかったのです(>_<) それが、「嘘!?」ってなくらいに簡単に解決しちゃいました~(^^)v ドグオ氏は「ことのまま神社がことのほか効いた」とオヤジギャグ飛ばしてますが・・・

ちなみに、神社では、特に力を込めて、お願い事をしてきた訳でもなく、悩みの願掛けを目的にしていた訳でもないんですよ。

余談ですが、事任神社にあった、三河一宮の砥鹿神社と同じ紋の話ですが、亀甲紋は出雲系の神様の紋なんだそうです。しかし、事任神社は八幡宮ということなので、八幡宮の一般的な紋である、巴紋を使っているんですが、でも、元々は亀甲紋が本来の紋であるようですね。この神社もかなり歴史が古いらしく、また出雲系の紋が本来の紋であると考えると、そこにいる神様は只者ではないのか?う~ん、謎が深まる神社です。

IMGP0172.jpg

参考までにこちらが「事任八幡宮」のHPです。このお盆休みにお出かけしてみてはいかがですか~(^^)
http://www.geocities.jp/kotonomachihime/


kotodama.jpg


「トホカミエミタメ」という言霊があります。一切の穢れを祓い、福寿をもたらすといわれる、天津祓(あまつはらえ)という神咒(かじり)です。「遠つ神 愛み賜へ(とおつかみ えみたまえ)」という意味があるともいわれています。簡単に言うと、神様と繋がる言霊だということなので、神社に行ったら、この言霊を唱えるといいらしいです。「遠くにいる神様~、私に微笑んでくださいね~」って感じでしょうか(^^)


スポンサーサイト
テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2008_08_10


07  « 2008_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

about us

ドグオ&こぶめろ

ドグオ&こぶめろ
本日は「東三河エネルギー研鑽会」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ




page
top