B フレンズ

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。ブログタイトル改めました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スピリチュアル
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

おんみょう道

9月の週刊文春のコラムに劇団ひとりの面白い話が載っていました。

その内容は『無償の愛』についてでした。

『無償の愛』とは何でしょうか?本当に存在するのでしょうか?ただ一方的に愛情を注ぐだけの美しくも儚いものなのか?

彼はそんなロマンチックな愛の形を探して、ある日駐車場で拾った石を見て、“この石を愛してみよう”と突然思いたちました。

石はしゃべらないし、動かない、花も咲かせません。何の見返りもないその石を心から愛することが出来たら、それこそが『無償の愛』になるはずだと彼は思ったそうです。

彼はその石に名前を付けることにしました。イッシーくん、ストーンちゃんなど候補は色々とあったのですが、「石原さん」と名づけました。「石原さん」だと男か女か、年齢の先入観が少ないので好都合のようでした。

彼は「石原さん」と一緒にお風呂に入り、話しかけ、寝る時も枕元に置き、外出もポケットに忍ばせるなど、とにかく一緒にいる時間を心がけました。

話しかけているうちに、挨拶だけでなく普通の会話も違和感なく出来るようになり、きっと石だけに口も固いはずと、人には言えない悩みも「石原さん」には心置きなくいえるようになったそうです。

ある日、上下左右も存在しないと思っていた「石原さん」に、顔があることに気づき、同じような石のひかれた駐車場の中に石原さんをポイッと投げても、確実に「石原さん」を探し出すことができるようになったそうです。

「間違えないような確信、それは僕が石原さんを心から愛することが出来た証拠なのかも」と彼はコラムを結んでいました。

前ふりが長くなりましたが、これを読んで、以前やっていた遊びを思い出してしまいました。

その名も『おんみょう』。これは日常にあるものすべて、拾った石や木、器、チビた消しゴム、空に浮かぶ雲なんでも結構、とにかく名前を付けてしまいましょうというお遊びです。

5,6人で集まって、俳句の句会の形式をそのままいだだいて、お題のモノに一人ひとりが名を付け、匿名で投票し、一番点数の集まった御名(おんみょう)をそのモノの名前と認定しましょうという不毛感満載の遊びでもあります。まっ、みうらじゅん的なノリですね。

モノには元々名前が存在しているのですが、その名前以外に、そのモノの持っている雰囲気とか価値、触感、匂い、オーラなどから湧き出てくる感覚で名前を付けてみましょうということなのです。奥が深いような、やっぱり不毛なような・・・^^;

そしてこの道は『御名道(おんみょうどう)』といい、それを極める人は『御名師(おんみょうじ)』と賞賛されるのです。

かなりフザケていますが、やってみると奥が深くて面白いです。盛り上がりすぎて深夜までやったこともありますが、最後は皆さんナチュラルハイになっているので、出てくる名前が“のぴょぴょー”とか“へげもげ”とか意味不明になっていましたねぇ~(-_-;)

当時はフザケて遊んでいただけですが、今振り返ってみると、これはかなりスピリチュアルな行為だったなーと思います。

最初はモノの固定観念のイメージに捕らわれたネーミングだったのですが、回を重ねていくと、だんだんと固定観念を忘れたようなネーミングが出てくるようになるのです。そのモノが持っている本質に触れるというか、マインドそのものになってしまうというか、何ともいえない不思議な感覚へ導かれるのです。

その不思議な感覚へ導かれて出てくるものが、“のぴょぴょー”だったりするのですが、この名にはそれくらい奥深いスピリットが込められていたりもするのです。

自らの手で新たに名前を付けたモノたちには、親近感というか、愛着というか、妙な感覚も湧いてくるのです。

参考:御名にならぬものなし


スポンサーサイト
テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

  1. パワースポット
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

岩津天神VS太宰府天満宮

学問の神様と言えば、言わずと知れた天神さんですね。平安時代、藤原氏の陰謀によって九州大宰府へ流され、この地で亡くなった菅原道真公を祀る太宰府天満宮が有名ですね。京都には北野天満宮がありますね。

さて、今回のローカルネタは愛知県岡崎市の岩津天神です。岡崎市と豊田市の境、矢作川の近くにあります。ここの天神さんの歴史は250年ほど前の江戸時代からだそうで、尾張、三河、遠州などから多くの参拝者がありました。

明治時代の始め、あのトヨタグループの創業者豊田佐吉も子供の頃、病弱な身体を治すため歩いて参拝に来たそうです。

そんな地元三河では有名な天神さんに東三エネ研が行ったときのエピソードです。

私どもの場合、親があまり教育熱心ではなかったせいか、受験に関しては神頼みをするほどの経験はしたことがないのです。誰かが天神さんのお守りを持ってきて、「頑張ってね」などと言われたことはないのです。

そういうわけで、この地方で受験生や受験生を持つ親にとっての聖地、岩津天神に行ったことがなかったのです。

ところが、4年前のこと。ひょんなきっかけで俳句に興味を持つことになりました。患者さんで来ていた老人が、私たちの地域で有名な俳句の会の同人だったのです。この方に俳句を教えてくださいと頼むと、快く承知をしてくれて、私たちが作った俳句を赤字で添削してくれるようになりました。

そんな出来立てホヤホヤの俳句ビキナーの二人が俳句のお題を探しがてら、梅園で有名な岩津天神へ行ったのです。

神社の境内には梅園が広がり、梅の香りでいっぱいでした。神社にも参拝をしようと、境内に続く階段の下で、手を洗っていると、後ろの方から年寄りがブツブツ言っているのが聞こえてきました。

「○○○○・・・けん、○○○○・・・たい・・・ブツブツ」という話し声がだんだんと近づいてきました。どうやら九州の人のようです。

「こん、ハナクソば神社、大ジャイフ(大宰府)ばに比べよーもなかと!」(九州の皆さんごめんなさい。こんな風に聞こえました。ちょっと違うと思いますが…)と、そのオヤジは何度も大声で吐き捨てるように「ハナクソばい」と言っていました。

最初は知らん顔していたのですが、あまりにもくどく、しつこく悪態をつくので、聞いていてとても不愉快な気分になってきて、思わすドグオ氏は、「ちょっと、そんな言い方はないだろう!」と怒鳴ってしまいました。するとオヤジはムキなって、「なんば、言うかー、ハナクソはハナクソたい」とやり返してきました。さすがにここまで言うかと、呆れてしまい、私コブメロも「うるせージジイ、黙れー!」と言い残し、階段を駆け上りました。さすがにジジイは連れの奥さんにたしなめられていました。

ホントにもう、失礼な。私はこういった無礼なオヤジが大嫌いぢゃ

ドグオ氏は以前、太宰府天満宮には行ったことがあるので、そちらは大きくて立派な天神さんだということは分かっています。確かにそれに比べたら岩津天神はこじんまりとした天神さんですが、この地方の受験生などには信仰の対象になっている有難い天神さんなのです。本家本元と比べて、大きいだの小さいだのそんなこと言うなんて失礼ですよね。お国自慢もいい加減にせえって感じです。

気を取り直し、参拝し、絵馬を奉納しました。季節は受験の真っ最中で、絵馬には大学や高校の受験祈願が鈴なりになっていました。その中に、「俳句が上手くなりますように」という場違いな絵馬を掛けてきました。

さて、ご利益は!!あったんですね~(^^)

ドグオ氏はNHK、BS俳句王国という番組に応募し、特選をいただきました。その句はTVで紹介されました。ドグオ氏はほとんど俳句を作っていなかったのですが、たまたま出来た句が何故か“いける”と直感でひらめき、応募したのでした。

ドグオ氏入魂の一句
ねころんで子猫こねこねこねまわす

この俳句は特殊な仕掛けがあって、この中にネコの字が5つ入っています。言葉遊びを俳句にした楽しい句です。

私はNHK俳壇や婦人公論、中日新聞、地元のラジオ局などに応募し、入選を繰り返しました(*゚ー゚)v

ドグオ氏の特選は、どうやら実力ではなかったようで、その後、味をしめて何度か応募したけど、全くダメでした。「ハナクソ」オヤジの暴言から、岩津天神を守ったご利益だったのでしょうか。

私の場合はきっと実力です。ナンチャッテ

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

  1. スピリチュアル
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

アウトドア般若心経

先日の火曜日の深夜、コタツでうたた寝をして目を覚ますと、「タモリ倶楽部」が丁度始まっていました。この日の内容は「アウトドア般若心経」。寝ぼけた頭が「な、何?」と思わず反応し、TVに見入ってしまいました。

この「アウトドア般若心経」をやった人は、みうらじゅんというイラストレーターで、いつもおかしな看板を探したり、仏像の写真やイラストをコレクトしたり、全国各地の土産物を集めたり、マイブームという言葉を作った人でもある、以前から私たちが興味を持っている人です。

ある日、井上陽水のような声で「般若心経、撮りなさ~い」とお告げがあったそうです。それを機に、外へ出かけて行き、看板や標識などから、般若心経の262文字一文字ずつ探して写真に撮るということを始め、一文字を求め全国へ出かけて行き、遂に完成させたようです。その完成お披露目会をお寺の一室で、ご住職にお経を読み上げてもらいながら行ったのです。

般若心経に出てくる漢字は、普段あまり見かけない字も多いのですが、意外とお店の看板などに使ってあるものなのですね(どんなお店かは知りませんが)。

「空」「色」など何度もお経の中に登場する字は、それぞれ違う場所で写真を撮ったようです。手間ひまかかってますね~。

「恐」という文字は、青森県の恐山でなくてはならないというこだわりを持って、わざわざ恐山まで行って写真を撮ってきたようです。「耨」という字は、大阪の近松文左衛門のお墓まで行き、戒名の一字を撮影してきたようですよ。この文字のありかを探し出すのに苦労したようですが、撮影してさっさと帰京していました(笑)。

「無」「羅」という字は飲食関係かなって思われる看板に多かったように思いました。しかし、まあ、よくこんなバカバカしいことをやり遂げたな~と感心しました。

以前、彼が京都の六波羅蜜寺にある空也上人(口からチビ仏を吐いている人)が良いと言って宣伝していたのを見て、六波羅蜜寺に出かけたことがあります。生空也は確かにユニークな造形で良かったですね。

たまたま見たタモリ倶楽部でこんな面白いものが見られて、何だか得した気分です。

写経するよりご利益ありそうなくらい、苦労して集めたみたいですよ。やり遂げたら何かご利益があるかもしれないですよ?四国巡礼より凄いのかも?皆さんもやってみますか?


テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「B フレンズ」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2017.9.19ブログタイトルを改めました。

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。