B フレンズ

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。ブログタイトル改めました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 整体
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

久しぶりの整体♪

久しぶりに整体の施術。

手順や感覚があやふやになってないかと
少々心配だったけど、
意外とスルスルと手も動いて、
どこをどうすればいいのかという感覚も
ちゃんと分るもんだなと、
一安心でした。

こわばっていた筋肉や、
動きの悪かったところ、
歪んでいたところなどが整って、
楽になっていただけるのは嬉しいですね。

会社勤めに追われる日々だけど、
少しずつ、
整体やヒーリングができるような環境も
作っていこうって思うこぶめろでした。


スポンサーサイト

  1. 整体
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

野口晴哉アレコレ

noguti1_20100423162830.jpg



整体の元祖、カリスマといわれる野口晴哉を信奉する者は今でも多く、野口整体として活動されている方も数多くいらっしゃいます。

簡単に野口晴哉のことをご紹介します。

明治44年に東京に職人の子として生まれ、12歳で整体法を体得し、15歳で「自然健康保持会」を設立。その後、道場を開き門人を育てた。療術界で中心的役割を果たしながら、古今東西の治療法や自らの研究から、体癖論や整体操法をまとめあげた。昭和51年没。

最近、ある雑誌で、整体の元祖・野口晴哉に関する逸話が書かれた記事がありました。野口晴哉の奥さんは、終戦間際の総理大臣・近衛文麿の長女で、島津家に御嫁入りしていたのに、近衛家や島津家出入りの整体師だった野口晴哉の元へ走ってしまったという話や、その奥さんの母親がチフスで死亡と診断されたのに生き返ってしまって周りが大騒ぎだったという話や当時の貴族階級のぜいたくな話などが書いてあって面白かったです。

私たちは野口整体の門下生ではないので、野口整体、活元運動、愉気に関することは本で知識を得ることしかなく、また、駆け出しの頃に「野口晴哉って誰?」とT氏に言ったら、「野口晴哉のことも知らんのか?!」と言われたこともあったくらい(^_^;)、野口晴哉について深く掘り下げてみたことがありませんでした。

雑誌の記事に「関東大震災の時、野口晴哉は、煮豆屋のおばさんが下痢で苦しんでいるのを手を当てて治したことがきっかけで、その後、五十余年にわたり施術を続けてきた・・・」こんな話もありました。

「・・・関東大震災?・・・手当て?・・・12歳の少年整体師?・・・空白の4年間?・・・野口晴哉って何をやってきたの?何か修行でもしたの?」

「整体入門」「風邪の効用」という本はT氏に言われてから読んだのですが、「手技的整体の凄技の人・・・」という印象でした。

しかし、上記の言葉を頼りに探ってみると、整体とは単に身体をほぐしたり、矯正技をかけて身体を整えるだけのものではなく、エネルギー、気、潜在意識、催眠と密接に関わる総合的なものであるということが分かってきます。

ミルトン・エリクソンが、患者の潜在意識にポンと入り込むような、意表を突くような言葉を投げかけたのと同じようなことを、野口晴哉もやっていたそうです。

現代では、整体の手技、身体均整法、リフレ、カイロ、オステ、ヒプノのような催眠療法、レイキ、クォンタムタッチ、各種手かざし療法、エネルギー療法などが、一個一個独立した療法になってしまっていますが、野口晴哉の整体の中にはこれらの要素がすべて含まれているんですね。バラバラになっていたものが繋がったといった感じです。

また、関東大震災のあった大正時代を見てみると、霊術家といわれる人たちも盛んに活動をしていました。松本道別、田中守平、桑田欣児、出口王仁三郎、臼井甕男などなど、こんな名前が出てきます。

野口晴哉は、修行時代に松本道別や桑田欣児と交流があったようで、御嶽山で修業をしていたともいわれています。松本道別からは輸気を、桑田欣児からは発動法を習い、これが野口整体の愉気、活元運動の元になっているという説もあるようです。

野口晴哉の愉気は、患部に手を当てて気を通すことで自分の中にある治す力に作用するというものなのですが、熟練者になると、悪い所に自然と手が行くようになるということです。

んんん?レイキでも熟練した使い手になると、悪い所にスッと手が行くと教えられますね。

松本道別と袂を別かった田中守平は、大正時代に一斉風靡した霊術家で、岐阜県恵那市の出身です。レイキの臼井さんも岐阜出身なので、何らかの繋がりがあったのかしら?と推理したくなるところです。

昭和2年に書かれた松本道別の本から垣間見えることは、この当時の人たちも、あっちこっちの道場に顔を出し交流しつつ、会を渡り歩いたり、自分の一派を立ち上げたり、内部分裂を起こしたり、他派を批判したり・・・、なぁんてことをやっていたみたいです。

古今東西、人間のやることは時代が変わっても一緒なのね~、行者だね~(^_^;)、なんて松本道別の本を読んで思うのでした。

私たちが施術のメインで使っているTMC超気功、そしてレイキや一霊四魂の考え方が、野口晴哉や松本道別の探索がきっかけで、くっついてきた・・・、そんな気分で嬉しいです。整体の世界から広がる世界は深いです。

シュタイナーの本は読んでいると猛烈な睡魔に襲われるけど(いいこと書いてあるんですけどね)、昭和初期の言語で書かれた松本道別の本は、不思議と面白くて読めてしまふ。



テーマ : 癒し・ヒーリング    ジャンル : 心と身体


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

about us

ドグオ&cobumelo

ドグオ&cobumelo
本日は「B フレンズ」ブログに、ようこそいらっしゃいました(^^)

穂の国東三河~三遠南信地域を中心に、歴史や信仰、伝説の謎などの探求しています。そして時々エネルギー研鑽も♪

2017.9.19ブログタイトルを改めました。

タグリスト

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。